トルコの定番朝食、ボレキ

ボレキ屋

トルコの町のボレキ屋さんは、たいてい入り口のガラスケースにボレキを並べています

トルコ人の朝食の定番でもあり、小腹が空いた時の軽食の友、ボレキ。トルコではどこの町にもたいていボレキ専門店がありますし、家庭のトルコ人主婦はしょっちゅうボレキを作っては近所の人を家に呼んでお茶したりします。そんなトルコの生活に浸透した「ボレキ」、トルコ旅行の中で一度は試してもらいたいおススメB級グルメです。

ボレキってなに?

ポテトのボレキ

さくさくパイの中に柔らかマッシュポテト……うーん、美味

ボレキとは、ユフカと呼ばれる春巻きの皮のような薄手の生地を層のように重ねつつ間に具を入れてオーブン焼きにしたり、具を包んで油で揚げたりした料理。専門店では巨大なオーブン板に大きなユフカを何層にも重ねて焼いたものを、ウスタ(職人)が大きなナイフでザクザク切ってサービスしてくれます。できたてのボレキだと中はホカホカ、外はパリパリでここに具の美味しさが引き立ちます!

古くはオスマン帝国時代から残る料理だということで、現在でも元オスマントルコ帝国の占領下だったバルカンやギリシャ、そしてアラブ諸国で愛されている庶民料理です。

ボレキの種類

スボレイ

作り方や形などで、色々な種類に分かれるボレキ。これは水でゆでた生地を重ねて作られたスボレイ

基本のボレキとは、大きなオーブン板にユフカを重ねてながら間に具をはさんでオーブンで焼くモノですが、それ以外にも、調理法/形/地方によって様々な種類があります。代表的なものをいくつかご紹介します。

サーデボレキ

粉砂糖をふりかけたスイーツ系サーデボレキはとりわけトルコ人女子に人気

  • スボレイ:茹でたユフカを層にして具をはさんで焼き上げる。基本、具はフェタチーズ
  • シガラボレイ:ユフカを細長く切って、春巻きのように具をくるくる包んで油で揚げたもの。シガレット(巻煙草)に形が似ているためこう呼ばれています。一回り大きいもので、コルボレイと呼ばれているボレキも
  • ムスカボレイ:三角につつんだボレキ
  • ボシュナックボレイ:ボスニアのボレキ、という意味で、丸いオーブン板の中に具を入れて細長く巻いたネタをグルグル丸く渦巻き状に置いてからオーブンで焼き上げたもの
  • サーデボレキ:中に具を入れず、ミルフィーユのように層にしてカラッと焼きあげたサーデボレキを、ザクザクこま切りにしてもらってから上に粉砂糖を振りかけていただくスイーツ系ボレキ
ボレキの具として定番なのは、フェタチーズ、マッシュポテト、ひき肉、ホウレンソウ、とろけるチーズなどですが、中には焼きナスのペーストやマッシュルームの炒め物といった変わり種を作っているお店も。

そして、ボレキに合う飲物は、なんといってもチャイ。このボレキとチャイのセットはトルコで昔から愛されている朝食の定番です。この他アイランという塩入りヨーグルトドリンクとボレキを一緒にいただくトルコ人も多いです。

ボレキはやっぱりボレキチ(ボレキ屋)で!

Rumeli Borekci

ボレキチ(ボレキ屋さん)には、お母さんの手作り風もあればボスニア風など、経営者によって様々なテイストがある

タキシムのボレキ屋さん

町中のボレキチ。たいてい窓ガラスからボレキが各種並んでいるのが見えます

これだけトルコ人の生活に定着した定番料理ですから、喫茶店やカフェ、ホテルの朝食メニューにもボレキがあることがあります。それでも、やっぱりボレキはボレキチ(Borekci)と呼ばれるボレキ専門店で食べるのが一番美味! ボレキチはたいていどの町にもありますが、とても小さな店舗であることがほとんど。朝食の定番だけに、早朝6時や7時ぐらいからオープンしています。

イスタンブールなら、ベシクタシュやタキシム広場など働いている人の多いエリアにボレキチがあり、たいていとてもお得な価格設定になっています。1人分のボレキはおおよそ150~300円程度で、これでお皿山盛りに載せられて来ます。これにチャイを合わせても500円を超えることはないのがうれしいところ。

ボレキチには、その他ピデ(細長く平べったい総菜パンで、トルコ風ピザと呼ばれる)、ポアチャ(イギリスのスコーンよりも柔らかい、小さめの惣菜パン)なども揃っていますので、ボレキ以外にも色々な種類のパン系グルメがいただけます。ガイドは個人的にボレキチで食べるポアチャ、というのも好きです。ホテルの朝食に飽きた方はぜひお試しあれ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。