2つのケースの買い替え

baikyakusenkou

マイホームの買い替えで大切なことは?

自宅の売却が前提となる不動産購入計画のことを、「買い替え」といいます。言葉くらいは聞いたことがあると思います。単純に買い替えと言っても、

  1. 欲しい物件が既に決まっている場合
  2. 自宅が売れてから購入する物件を決める場合

によって2つのケースに分かれます。1.を「購入先行の買い替え」。2.を「売却先行の買い替え」といいます。双方にメリット・デメリットがあり、買い替えを考えるそれぞれの家庭の事情もあることなので、どちらが良くてどちらが悪いかというような簡単な話ではありません。今回の記事では2.のパターン、売却を先行した場合のあらかじめ把握しておくべきメリットとデメリットについて解説していきます。

売却を先行した際のメリットとは?

・希望通りの売却価格で買い替え計画が進められる
・ゆっくりと販売活動が出来る
・売れなければいつでも計画をストップ出来る

購入を先行させる場合の買い替えと違い、まずは自宅の売却から始めることになります。「いついつまでに必ず売却しなければならない」といった売却期間に制限はないので、腰を据えてじっくりと売却活動を行うことが出来ます。もちろん希望通りの金額で販売に出すことも出来ますし、万が一、納得できる金額で売れないようなら、いつ計画をストップしたとしてもなんの問題もありません。

「自宅が良い金額で売れるなら買い替えてもいいかな」
「いずれは住み替えしたいな」

と考えている人にとっては、比較的気軽にチャレンジ出来るのがメリットです。

購入先行の買い替えのリスクとしてあるのが、自宅が結局のところいくらで売れるのかが、実際に販売に出してみないことには分からないことです。ひょっとしたら想定より安い金額でしか売れず、資金計画の見直しが必要な場合もあります。

それとは反対に売却先行の場合、自宅の売れる金額が確定されます。その時点で資金計画がバチッ! と決まるので、計画に大きなくるいが生じることはありません。売却を先行しておけば、「購入の契約を済ませてしまっているから早く売らないと!」といった類の、精神的なストレスを感じることはありません。以上が売却を先行した場合のメリットです。では、デメリットにはどんなものがあるでしょうか?

次ページからの解説で見ていきましょう。