天才におまかせ!

Geniusとは「天才」という意味。iTunesでは、ライブラリにある楽曲の中から雰囲気が近いものを自動的に選び出してシャッフル再生する機能のことをいいます。

実際には、再生回数や曲のテンポなどの情報を解析し、それを一旦Appleのサーバーに送信します。世界中から蓄積された楽曲情報をもとに、相性のいい楽曲を自動で選び出す仕組みになっています。そのため、最初に楽曲情報などをAppleに送信する必要があります。Genius機能を利用するには[プレイリスト]から操作します。
[プレイリスト]タブをクリックして[Genius]をクリック、[Genius機能をオンにする]をクリック

[プレイリスト]タブをクリックして[Genius]をクリック、[Genius機能をオンにする]をクリック

確認画面などを経て、Geniusが利用可能になります。楽曲を右クリックすると新たに[Geniusを開始]という項目が表示されます。これをクリックすると、Genius機能にもとづいて、雰囲気に近い楽曲がシャッフル再生されます。今回はガイドの私物Macの画面で紹介しますが、操作方法はWindowsでも同じです。
楽曲を右クリックして[Geniusを開始]をクリックすると、雰囲気に近い楽曲のシャッフル再生が始まります

楽曲を右クリックして[Geniusを開始]をクリックすると、雰囲気に近い楽曲のシャッフル再生が始まります


ただし、ある程度の再生回数が必要になるので、楽曲を取り込んだばかりであったり、マイナーな楽曲では、Geniusが利用できない場合があります。これはGenius機能の原理的な問題なので、諦めるしかありません。ガイドの私物Macで紹介したのも、これが理由です。ある程度期間を置いてから、また試してみましょう。

なお[Geniusプレイリストを作成]を選択すると、Genius機能で選ばれた曲の組み合わせが、そのままプレイリストとして登録できます。また[Geniusのおすすめ]にポインタを乗せると、次に再生する曲の一覧が表示されます。気になる曲があったら直接選ぶこともできます。

いろいろなタイプの楽曲で試してみましょう。