体の軸をキープしながら、手首を使って打つサーブ

コツを掴むと、とても簡単にできるフォアハンド横回転サーブです。まず、右に横回転サーブをする時には、台の左側に立つようにします。体を右横にして立ち、ラケットを持っている腕を90度の角度に曲げて持ちます。

ボールをそのラケットよりも少し上に上げて、手首を上手く使ってボールをラケットの側面で打つようにします。打つ時には、手首を少し上に向けて打つようにします。ボールがラケットの先から3分の1ほどの位置に当たるように打ちます。あまり手に力を入れずに、軽く打つ事がポイントです。

ボールがラケットに当たる時に、気持ち右外側にラケットを振るようにすると、右に横回転をしながらボールが飛ぶようになります。ボールを上げる時に、気持ちボールを体方面の内側に回る感じで上げるようにします。

ラケットを振り上げる時には、あくまでも手首を中心に上げるようにして、振り上げる時には腕が高く上がらないようにします。あまり上半身を振らずに打つようにし、体の軸をキープして打つようにすると上手く打てるようになります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。