私たちがはじめて「予定」というものを意識しはじめた時、目にしていたのは「カレンダー」ではなかっただろうか。家のリビングルームやキッチンにあたりまえのように貼られていて、それを見ながら遠足やクリスマスなど、これからやってくる様々な予定を捉えていたものだ。

それが大人になると、予定管理の中心は手帳にとって代わってしまう。そうは言っても、今もカレンダーを併用している人は多いと思う。なにより子供のころから慣れ親しんでいるスタイルだし、予定を一ヶ月という長期で捉えられるので、いざという時に頼りになる存在であり続けている。

ただ、カレンダーにはデザイン的にしっくりとくるものがあまりない。中にはカレンダーよりも大きな写真の方が目立っていたりするものもあったりする。

あまり主張しすぎるカレンダーだと、壁に貼るのもためらわれる。シンプルでどんなインテリアにも馴染んで、空間に溶けこむようなカレンダーはないものかと、かねてより探していた。

そして見つけたのが、このMUCUの「ホワイトボードカレンダー」である。


絶妙な控えめ加減

まずは、このカレンダーの紙面を見て頂きたい。

MUCU ホワイトボードカレンダー

MUCU ホワイトボードカレンダー 3780円


何も書かれていない。実際、印刷という点ではなにもなされていない。少しばかりカレンダーを斜めから見てみる。すると、今度はカレンダーがほんやりと浮かび上がってくる。

このカレンダーは、印刷ではなくエンボスで作られているのだ。

MUCU ホワイトボードカレンダー

印刷ではなく、エンボスでカレンダーが刻印されている

MUCU ホワイトボードカレンダー

休日は数字の下にドットのマークがある

MUCU ホワイトボードカレンダー

月曜日始まりのカレンダー。曜日表記は「M」、「T」、「W」というように頭文字だけ。個人的には日曜日始まりがあるとうれしい

MUCU ホワイトボードカレンダー

横30cm×縦18cmと比較的コンパクトなサイズ

MUCU ホワイトボードカレンダー

しっかりとした厚みのあるカードタイプ。壁に貼り付けるだけでなく、ノートに挟んで使うのもいいかも


これは今までにない発想のカレンダーだ。このエンボスが美しく浮かび上がってくる角度を計算して壁に貼るといいと思う。

カレンダーなので、もちろん書き込みも可能だ。このカレンダーならではなのは、自分の書いた予定がとびきり目立つこと。そもそもカレンダーの中で目立つべきは自分で書き入れた予定のはずだ。そういう意味で実に機能的と言える。

カレンダーのエンボスは凹んでいる。それを利用して、予定を書き入れた日にちの数字、そして枠をなぞって書き入れたら目立ち度はさらに高まることだろう。

普段は壁と一体化したように静まりかえっているが、いざスケジュールチェックをするときには、ほのかに浮かび上がってくる、この奥ゆかしさがいい。

一般的なカレンダーを貼ると、その空間は一挙に生活感が出てしまうが、このカレンダーではそうしたことがない。

MUCU ホワイトボードカレンダー

壁に貼ってみると、すっかりとその存在感を消してしまう。貼る場合はテープよりも「ひっつき虫」などを使うといい。


■関連リンク
MUCU


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。