ネット証券のパスワードをパソコン上に保存してはいけない

security

ネット犯罪が増加中。あなたの資産を守るセキュリティ対策は万全?

インターネットを経由した証券取引、資産管理はとても便利です。いつでもどこでも、ネットに接続できる環境があれば、株式売買、投資信託の購入といった証券取引が自由にできます。

しかも、自身の口座管理ページにログインするには、IDとパスワードでOK。実に簡単です。パスワードは誰かに推測されにくいものを選ぶ必要があります。自分が覚えにくいという理由から誕生日などの数字を利用する人がいますが、これはハッキング(不正にパソコンなどに侵入する行為)されやすいといわざるを得ません。

家族の誕生日や自宅の電話番号、家族のイニシャルをつなぎあわせたものなどもパスワードに利用されることが多く、これらは犯罪者の側からすれば推測しやすいので要注意です。

また、ネット証券の自身の管理ページにログインする際、パソコン画面にパスワードを保存する人がいます。次にログインする際に便利なので、そうする人が多いようです。しかし、パスワードを保存するリスクとして、そのパソコンが盗まれた場合などは当然簡単にログインされてしまいます。

万一のリスクを回避する上で、面倒でもパスワードを保存しないように注意しておきましょう。またパスワードを既に入力してしまっているなら、今すぐにでも削除することです。削除方法は使っているブラウザによって違いますので、検索窓から「ブラウザ名」「パスワード」「削除」などの検索ワードを入れて調べ、手順に従って削除することを強くおすすめします。

なお、インターネットエクスプローラ(IE)を使っている人は、下記のリンクの削除手順に従ってください。
Windows 「保存したパスワードを削除する」

セキュリティソフトを入れておく

パソコン取引では今は当たり前となっていますが、セキュリティソフトを入れておくことは重要です。素人には理解できませんが、他人のパソコンにアクセスし、遠隔操作を行うことも可能だからです。誰にでもできるわけではありませんが、ネットにかなり精通したプログラマーやこの手を利用する犯罪者にはそれほど難しいことではないといわれます。

自分だけは大丈夫などと思わず、少しでもリスクを抑えるためにセキュリティソフトを必ず入れておくことは重要といえます。これにより、無防備なパソコン間からハッキングのリスクを減らすことができます。これでも完璧というわけではありませんが、セキュリティソフトが入っているのといないのでは、情報漏えいリスクに雲泥の差があるといってもいいでしょう。

近年増えているフィッシング犯罪。どう対策をとればよい?続きは次のページで>>>