初めて証券口座を開設したい人の会社の選び方

初心者が口座開設する上での注意点は?

初心者が口座開設する上での注意点は?

株式投資をはじめとする証券投資を行おうとすると、「証券総合口座」を開設する必要があります。証券総合口座とは、株式をはじめとする証券会社で取引できるあらゆる金融商品を購入するために必要になる口座です。

証券会社に口座開設というと、銀行の預金口座と違って敷居が高そうで、証券取引なんて難しそう……と思う人も多いと思いますが、実際は開設するのはそれほど難しいことはありません。

銀行口座と比べて、より多くの個人情報開示の必要が

証券会社で口座を開く場合、銀行での口座開設と比べれば、より多くの個人情報を開示する必要はあります。

例えば投資経験、資産状況、どのような投資を目的としているのか、職業、家族構成、会社名などです。意外と多くの個人情報を書かなくてはならないので、まずはここを面倒くさがらずにしっかりと書いてください。投資経験が浅い、またはほとんどない初心者の方であっても、よほどの事情がない限り、証券口座開設ができないということはありません。

証券口座の開き方ですが、今ではオンライン上で口座開設のほとんどの手続きを完了させることができます。特にネット証券ではその傾向が強くなっています。ネット証券は自身でパソコンやケータイを使って取引をすることができるので、取引の度に証券会社に出向いたり担当者に電話をして取引をする手間を省くことができるのでお勧めです。

総合証券とネット証券、どちらで開設したほうがいい?

証券会社を大きく分けるとすると、2つに分類できます。1つは総合証券会社。もう1つがネット証券会社です。総合証券会社とは、いわゆる店舗のある証券会社で、取引をする際、担当者がつくのが一般的です。総合証券会社の良さは、担当営業マンが投資相談にのってもらえること。ただし、知識の豊富な証券マンなので、人によっては投資に関することは担当者任せになりかねないこともあります。

一方、ネット証券会社はいつでも自由に取引をしたい、自分で投資情報を得るのが好きである、取引にかかる手数料は安いほうがいい、などの考えがある人におすすめ。ネット証券会社をメイン証券会社にする方が利便性が高いことは間違いありません。

ネット証券会社の選び方

メインで使用する証券会社の選び方ですが、ここではネット証券会社の選び方について考えてみましょう。ネット証券会社で重要なことは、自分にあったトレーディング(取引)システムを活用できるところがいいと思います。つまり使いやすさです。

1つの証券会社だけを選んで利用するのではなく、複数の証券会社に口座開設をして実際にログインをしてみましょう。その中から最も使い勝手のよい証券会社をメインに利用し、その他は情報取得を主体に利用するのがよいと思います。口座管理手数料がかかるところはほとんどありませんし、各々が口座保有者向けに独自の情報サービスを提供しており、昔は有料だった情報が今では無料で活用できるのですから、利用しない手はありません。

二つ目は取引の際の手数料を確認してみましょう。証券会社によって株式取引の手数料はまちまちですが、例えば、大手の総合証券会社では100万円の取引をするのに取引手数料として3000円台(コンサルティング型では8000円台半ばも)かかるところもありますが、ネット証券は比較的売買手数料も安いところがほとんどです。同じ100万円の取引をしても、500円前後の手数料で取引ができてしまうところも多く存在します。意外と手数料は侮れません。

ネット証券口座を開設したら、システムの使い方に慣れよう

実際に証券口座を開設したら、とにかく最初はシステムの使い方を理解しましょう。証券取引で最も怖いのは、誤発注(ごはっちゅう)と呼ばれる誤った注文です。売買注文はネット証券で行う場合はすべて自己責任です。数字の「0」を一桁間違えただけでも大変なことになります。実は取引に慣れてもこのような誤発注をすることは考えられます。自動車の運転に慣れても事故を起こすことがあるのと一緒です。

以上が初心者が証券口座を開くうえでのポイントになります。口座を開設することができたら、晴れて投資にチャレンジすることが可能になります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。