昆虫が人を襲うパニックホラー
「燃える昆虫軍団」

アメリカのとある町で起きた地震の後、ひび割れた地面から三葉虫のような古代の昆虫が地上に這い出してきます。

なんとこのゴキブリにもちょっと似た気味の悪い昆虫ったら発火能力があり、あっちこっちで火を出しては人々をパニックに陥れて行くのです。

子供だった私の脳裏から離れないのは通話中の電話からこの虫が現れて耳元で発火するシーン。ちょっとしたトラウマです。

監督のウィリアム・キャッスルはB級映画、カルトムービーで有名な監督さんで、この作品が遺作となりました。70年代ってこういう奇抜な動物や昆虫が人を襲うパニックホラーがたくさんあったんですよ。


■作品名「燃える昆虫軍団」(1975 アメリカ)
・監督名:ウィリアム・キャッスル



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。