「見た目年齢」に差がつくポイントは肌と髪

人はまず顔(肌、フェイスライン、目元、口元)、髪などでその人の第一印象を決めます。その際、若いと感じやすいのは、肌のハリやツヤ、目元、口元の印象だと言われています。また髪にもツヤがあり、ボリュームがあると若々しく見えます。

逆に肌にハリやツヤがなくなり、たるみやシワが目立つと老けて見えます。また肌の明度が下がり、シミやくまなどの色ムラも老けて見える要因になります。具体的には、まぶたのたるみ、目の下のたるみやくま、頬のたるみ、ほうれい線、首のしわ、顔のくすみ、毛穴の開きなども老化のサインとなります。


老化の原因を解消して美しい肌をキープ

肌老化の8割は「紫外線」の影響と言われています。紫外線により生み出される活性酸素は肌の深部にあるコラーゲンやエラスチンを破壊し、皮膚の老化を早めます。UVケアは若いうちから必須です。

他にも老化の原因として、喫煙や肌の乾燥、ストレスなどが挙げられます。喫煙やストレスは体内のビタミンCを破壊し、活性酸素を多量に発生させます。美肌のために、喫煙をなるべく控えビタミンCを積極的に摂取するようにしましょう。

また毎日のスキンケアでは、肌をこすりすぎないように注意が必要です。洗顔の際の洗い過ぎ、強いマッサージは肌の炎症や乾燥を引き起こすので注意しましょう。


今すぐ始めたい!バランスの取れた食生活

女性の見た目年齢を大きく左右するパーツ「肌」。その肌をいかに20代の内から美しく保つかで、30代以降の見られ方も変わってきます。気になった時にケアを始めるのではなく、毎日の積み重ねで美しい肌をキープしましょう。

肌や身体は食事から作られます。まずはバランスのとれた食事が大切です。良質なタンパク質、ビタミン、ミネラル、炭水化物、糖質そして食物繊維も大切な栄養素。足りない物はサプリメントで補ってもいいでしょう。また食べ過ぎ、特に糖分の取りすぎは、肌の糖化防止の視点からも気をつけたいもの。「糖化」はコラーゲンをもろくして、肌の弾力を失わせます。甘い物の食べ過ぎ、多量の飲酒、ドカ食いなど、心当たりのある人は改めましょう。
バランスのとれた食事が肌年齢を若返らせる!

バランスのとれた食事が肌年齢を若返らせる!


生活習慣全般ではバランスのいい食事以外に、質の高い睡眠、適度な運動が重要です。大切なのは、自分に合った規則的なサイクルで生活すること。生活サイクルが整うと成長ホルモンなどの分泌も整い、肌と身体の新陳代謝も正常化し、若々しい肌と身体をキープできます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。