高輪大木戸跡を見て田町駅へ

このあたりの第一京浜の線路側は、少し様変わりしていた。建物がなくなり、そこが駐車場になっていて、そこから山手線が見える。
建物の間や駐車場から山手線が見える

駐車場の向こう側を山手線が通り過ぎていく

この区間の圧巻は、高輪大木戸跡であろう。歩道にいきなり、石積みが現れる。
史跡がそのまま残されている

歩道の中に残されている大木戸跡

かつて東海道だったこの道筋に残された歴史的な痕跡。江戸時代の人々もここを往来していたのかと思いをはせる。

右を見ると山手線が見えるのだが、左側の東京タワーへ目が行く

辻の札交差点陸橋から東京タワー方面をのぞむ

そして、この先に田町駅があるのだけれど、駅舎が見えるわけではない。入口へ向かうエスカレーターがあるだけ。

駅舎が見えているわけではない、田町駅。エスカレーターで上がれば駅がある。

田町駅への案内板がいきなり現れる。

品川駅からずっと第一京浜をまっすぐきたが、もうしばらくこの道を行く。