名優が魅せる! 見事な夫婦げんかを楽しむ


まずは最新作『31年目の夫婦げんか』からご紹介します!

『31年目の夫婦げんか』

メリルとトミーの名演技が光る!



アカデミー賞俳優でもある二人、メリル・ストリープ&トミー・リー・ジョーンズが結婚31年目を迎えた倦怠期の夫婦を演じる『31年目の夫婦げんか』。アメリカの夫婦は、スキンシップも豊富だし、会話も多いし「倦怠期なんてあるのかしらん」と思っていましたが、それはまったく誤解だったようです。夫のアーノルド(トミー・リー・ジョーンズ)は、夜になるとリビングでいつもゴルフ番組を鑑賞。夫婦の間で会話はない。ダブルベッドで寝るけれども何もない。アーノルドはそれでいいのだけれど、妻のケイ(メリル・ストリープ)は嫌なのです。夫に抱きしめられたし、もっと会話もしたい。今の二人はまるで他人。ケイは夫と「もう一度結婚したい!」のです。

結婚するときは情熱的に愛し合って一緒になった夫婦も、30年以上たつと倦怠期というか、落ち着いちゃうんですね。もう若くないし、熱烈に愛し合うエネルギーもないのかもしれません。でもそこで「カウセリングを受けて、夫婦仲を修復しよう」と思うところが、アメリカ人だなあと思ったりもします。日本人はこういうことでカウセリングは受けないような気がする……って、私の思い込み?

『31年目の夫婦げんか』

夫婦で笑い会える日をヒロインは待っていたのだ。



でもこのカウセリングを「バカバカしい」と一蹴したアーノルドが仕方なしにケイと一緒に受けるところから、二人の仲が動き出します。アーノルドだってケイを失いたくないのです。二人でカウセリングを受けるという行為そのものが「愛あるじゃん」と思うのだけど、そこからまたギクシャクしちゃうんですね。そうスムーズにはいかない。でもぶつかり合うことで理解し合い、愛を確認できるのです。夫婦げんかって大切ってことが、本当によくわかります。熟年夫婦はもちろん、若い人たちにも「結婚」「夫婦」というものがわかる映画になっていますよ。

『31年目の夫婦げんか』(2012年度作品)
2013年7月26日公開
監督: デヴィッド・フランケル
出演: メリル・ストリープ、トミー・リー・ジョーンズ、スティーヴ・カレル、ミミ・ロジャース、エリザベス・シュー、ジーン・スマートほか
© 2012 GHS PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.


※次は夫が妻を支える感動的な作品です。