イタリアを中心としたアート作品が並ぶ異人館

 

 

イタリア館(プラトン装飾美術館)は神戸市の北野異人館街で、イタリアを中心とするヨーロッパの18世紀から19世紀の家具調度品、絵画彫刻などを展示する異人館です。現在も実際に人が住んでいるようです。

南の庭にプールが設置される広大な敷地面積をもち、プールサイドには南イタリア風のテラスが設けられています。19世紀頃の大理石の柱や、古い砂岩石のコラム花、様々な彫刻品に囲まれ、カフェテラスが併設されています。

館内には、ヨーロピアンアンティークによる家具、調度品がぎっしりと並びます。キャビネットの中には銀器、食器、金採のガラスなどがまばゆい光を放っています。
 

 

 

 

数々の工芸品ばかりではなく、有名作家の絵画作品も数多く展示されています。ルソー、ミレ、コロ、ボナールなどの画家の自筆のデッサンや、エッチング、油絵、クローディオンやロダンのブロンズや石膏のオリジナルなど、異人館というより美術館です。

これだけのアート作品の中で暮らすことができれば、きっと優雅な気分で日々を過ごすことができるでしょう。

■イタリア館(プラトン装飾美術館)

住所:兵庫県神戸市中央区北野町1-6-15
電話番号:078-271-3346
料金:大人 700円、 中高生 500円、小人(小学生) 200円
営業時間:9:30~17:00
定休日:年中無休
アクセス:三宮駅よりシティーループバスで約15分
HP:www.feel-kobe.jp/sightseeing/spot/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。