絹ごし豆腐とシロップが相性抜群のスイーツ

 

 

『ベトナムおうちごはん』という本に「豆腐のチェー」という料理名で出ていたレシピです。本に出ているオリジナルレシピでは、最後にココナッツミルクをかけるのですが、普通には手に入りにくいので、代わりにクコの実をトッピングしてみました。スジャータみたいな珈琲フレッシュをかけてもよさそうです。

絹ごし豆腐は品名に「充填豆腐」と書いてあるものが食感がいいと本に書いてありました。実際、充填タイプの絹ごし豆腐はシロップとの相性が最高で、癖になる美味しさです。黙って出したら誰も豆腐とは気づかないかもしれません。

また、三温糖がなければ普通の砂糖でもいいですが、少しアッサリ風味になると思います。

シロップは夏ならば冷蔵庫で冷やしておき、冬は温かいままでもおいしいです。レシピの通りに作ると余るので、冷蔵庫で保存しておいて何度か作るといいです。炭酸水で割ればジンジャーエールみたいな爽やかな飲み物にもなります。

材料

  • 絹ごし豆腐(品名に充填豆腐と書いてあるものがよい)
  • 三温糖 80g
  • 水 200cc
  • 生姜のしぼり汁 小さじ1~2杯
  • 生姜 1片
  • クコの実

作り方

  1. 生姜をすりおろして汁を絞っておく。分量は気分で大丈夫。目安としては汁の状態で小さじ1~2杯。
  2. 生姜を針のように細い千切りにする。
  3. 鍋に水と三温糖を入れて加熱し、三温糖が溶けたら1のしぼり汁と2の千切り生姜を加えて、沸騰させてから火をとめる。これで、シロップのできあがり。
  4. 絹ごし豆腐をスプーンで薄くすくいとって器に盛り、3のシロップを好みの量かける。
  5. 彩りにクコの実をトッピングして完成。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。