マヨネーズ

市販のマヨネーズにもグルメなバリエーション

マヨネーズだってグルメ

実は、ベルギー人はマヨネーズが大好き! アメリカ人のケチャップ好き、日本人の醤油好きに匹敵するほど、何にでもマヨネーズをかけて食べます。もともとは、それぞれの家庭で手作りしていたのですが、女性の社会進出とともに最近ではもっぱら市販品。
日本のものよりあっさりとしているのが特徴で、レモン入り、マスタード入りのスタンダードなものから、ハーブやトリュフの入ったものなど日本にはない種類も豊富。フライドポテトやハンバーガーをお気に入りマヨで食べれば、あなたも今日からベルギー人!? 容量や中身によりますが、約1~4ユーロ。

 

ベルギービール

ベルギービールのつまみに絶品

セロリソルト付きチーズをつまみに

ベルギーといえばビール! 400種類とも800種類とも言われるベルギービールはスーパーでは水に匹敵するお値段で売られています。街中のお土産ビール店では専用グラスやグッズも売られていますが、地元スーパーでは何しろ安い。ただ、リサイクル法の厳しい欧州では、ほとんどが瓶入りなので、お土産に持ち帰るには、重いし、割れると困るし……という方に、隠れた逸品のご紹介。

つまみのチーズに付けて食べる、セロリ・ソルト(一瓶2ユーロ弱)。あるいは、ゲント特産の手作りマスタード。右写真のように、ダイス状に切ったベルギーのチーズ(マレツやオルヴァルなどの修道院チーズが美味!)に付けて、ベルギービールとともに、サンテ(乾杯)!

 

番外編:かわいく便利なATOMAのノート

取り外しの効くATOMAのノート達

カラフルで便利なノートのATOMA

食いしん坊の国は、食べ物ばかり?と食傷気味の方には、便利でかわいい ATOMAのノートはいかが? ユニークなスパイラルで、ページの取り外し・入れ替えができるので、情報の整理にとても便利。大きさやノート部分の罫線の種類も豊富、鮮やかなパステルカラーで色の組み合わせもかわいいため、女性や子供達へのお土産として隠れた人気アイテムです。大きさ、用途により、1~5ユーロ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。