サービス付き高齢者向け住宅と、有料老人ホームとは?

有料老人ホームという言葉は、以前から耳にする機会も多く、家族との会話でも話されたことのある方も多いと思います。では、最近話題のサービス付き高齢者向け住宅を知っていますか? 新聞やテレビでも特集が組まれているので、気になっていた方も多いのではないでしょうか。ただ、その違いは、ちょっとよくわかりませんね。

それでは、この2つについての違いを、提供サービスを中心に説明していきます。

サービス付き高齢者向け住宅の、寝たままで入る浴室

サービス付き高齢者向け住宅の、寝たままで入る浴室
 

有料老人ホームとは

以前の記事で、有料老人ホームの中には、3種類があるというお話をしました。

・介護付き有料老人ホーム
・住宅型有料老人ホーム
・健康型有料老人ホーム

このうち、健康型はあまりなく、現在、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームが多いです。そのためここでは、数の多い2つと、サービス付き高齢者向け住宅の違いをご説明します。

提供サービスの違い

・サービス付き高齢者向け住宅の場合
最低限のサービスとして、安否確認と生活相談サービスの提供をしています。また介護ケアの専門家が少なくとも日中は建物に常駐しています。食事の提供は義務ではありませんが、9割以上の住まいで提供されています。介護サービスに関しては、次の住宅型有料老人ホームと同様に、外部の事業者の訪問介護サービスを受けます。また、外部の訪問看護やデイ・サービスを利用することもできます。入居者個人が外部のケアマネージャーと相談して選択できるので、それぞれのニーズに合った介護サービスを受けられます。

・住宅型有料老人ホームの場合
介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受けていない有料老人ホームで、提供するのは食事サービスと、緊急時の対応などの日常的な生活支援です。介護サービスについては、サービス付き高齢者向け住宅と同様に、外部の事業者の訪問介護サービスを受け、訪問看護や外部のデイ・サービスを利用します。

・介護付き有料老人ホームの場合
「特定施設入居者生活介護」という介護保険の認定を受けた住まいで、食事・清掃・介護サービスまで、すべてをホームが提供するタイプの有料老人ホームです。この中で、要介護1以上の方を入居対象に限定したものを「介護専用」型、要介護認定されていない方でも入居できるのを、「混合」型といいます。

違いが分ったところで、次のページでは、提供される介護サービスの実態をお伝えします。