生活トレンド研究所では、「今どきの旅行」に関して調査を実施。
最近ならではの旅の傾向から気になる点をピックアップしてご紹介します!
■調査期間:2013年8月5日(月)~2013年8月7日(水)
■調査対象:1都3県在住の20~64歳男女計1011名

<MENU>
趣味が多い人は旅行の経験値も豊か。海外旅行の実施率は趣味の少ない人の2倍以上!
20代は積極的に旅へ。海外旅行の実施率では年代別でTOPに
20代に人気のテーマは「スキー・スノボ」、「フェス・ライブ・コンサート」。
20代の若者は旅の欲求が満たされ、30代は欲求があっても実行に移せない?!

趣味が多い人は旅行の経験値も豊か。
海外旅行の実施率は趣味の少ない人の2倍以上!

■平均の趣味の数は3.3個
表1:趣味の個数平均(年代別)

表1:趣味の個数平均(年代別)

最近は「どこへ行くかよりも何をするか」を旅行で重視する動きが目立ちます。そこで、趣味の数が旅行の実施に与える影響を調査したところ、趣味の数は、全体で平均3.3個。年代が上がるにつれて微増する傾向にありました。(表1)

 
趣味の個数(年代別分布)

趣味の個数(年代別分布)

分布をみると、趣味の数が0個、1個という割合が若い世代ほど多いことがわかります。60代では趣味がないという回答は0.9%と1%を切りますが、20代では7.6%となり、これらの傾向が、世代別平均の差に繋がっていると思われます。

■趣味の数×旅行実施の関係
趣味の多少×国内旅行の実施状況

趣味の多少×国内旅行の実施状況

趣味の数と国内旅行・海外旅行の実施率(過去二年間)の関係を見るために、平均(3.3個)を元に、趣味の数が多い層(4個以上)と、平均より少ない層(3個以下)にグルーピングをして、旅行実施回数との関係を見てみます。

 
すると、趣味が多い人は旅行へも積極的にでかけていることがわかります。趣味が多い層の国内旅行実施率が90.9%であるのに対して、趣味が少ない層では、70.1%と、20.8ポイントの差が見られます。

趣味の多少×海外旅行の実施状況

趣味の多少×海外旅行の実施状況

さらに、海外旅行については、趣味が少ない層の海外旅行実施が25.7%に対して、趣味が多い層は57.9%と倍以上の結果に。

 
このことから、趣味の多少は旅行の実績に影響すること、さらにいえば趣味が多い人は旅行に積極的にでかける傾向にあることがわかります。旅が単なる観光ではなく体験型など多様なスタイルを持つようになった昨今、趣味の延長上で旅のテーマを見つける、あるいは趣味を通じた交友関係の広がりから旅へ行く機会が増えるものと思われます。

なお、「趣味が全くない」と回答した人の国内旅行の実施率は56.1%、海外旅行の実施率は17.5%と、特に低い結果になりました。個々人の「積極性」が、趣味の数や旅行の実施率にあらわれている可能性もあるでしょう。また「趣味がない」という回答は他の世代と比較して20代に多く、「若い人は旅に出ない」というイメージに繋がるとも考えられます。このイメージの実際については、次ページ以降で解説します。