今年注目の国内長期滞在

森の家

天気のいい日は、外でのんびりするのも◎

節電対策の一環として長期の夏季休暇を実施する企業の発表が相次ぎました。また、震災以降たまった心身の疲れをリフレッシュしたい、あるいは家族など大切な方との絆を育む傾向が強まっています。

そんな状況を受け、今年は国内でも1週間以上の長期滞在が注目されています。海外のバカンス、あるいは国内の別荘族のように「ゆったりと暮らすように旅をするスタイル」が、日本でも定着する予感。そんな旅しい旅スタイルを今回は特集してお届けします。

MENU


長期滞在の旅プラン、その背景とメリット

なべくら高原森の家

コテージなども人気(写真:なべくら高原森の家)

長期滞在プランの特徴としては、素泊まり、あるいは朝食つきなど、サービスは必要最低限に絞り、そのかわり価格を安く抑えていることがあげられます。人数の多い家族でも利用しやすいようにルームチャージ(定員以内で何名利用しても同額)の料金体系を取り入れる旅館も増えています。連泊すると、毎日豪華な食事は必要ありませんよね。シンプルなプランだからこそ「今日は何をしよう? 何を食べよう?」とその日の気分で選択できる楽しさがあります。その為、キッチン付きのコンドミニアムやコテージなども人気です。


 
青空イメージ

青空の下、思いっきりリフレッシュを

ただし、注意したいことが2つ。まず1つ目は、コストを抑えている為、食事だけではなくサービス全般が最小限であることも多いこと。例えば通常なら毎日実施されるお掃除やベッドメイキングが2日置きになったり、アメニティの補充がなかったり。知っていれば、不便に感じることはない範囲ですが、準備が必要なこともあります。計画時に確認をしましょう。


 
確認

食器や調理器具などの貸し出しも確認

そして2つ目は、周辺の環境をしっかりと確認し滞在をイメージしてみること。車の場合ならまず問題はありませんが、公共交通機関で訪れた場合、滞在中に宿泊施設から外へ出る手段がないということも。こうなると食事も過ごす場所も、すべて宿泊施設内となります。

それだけのキャパシティのある宿であればいいのですが、例えばレストランが一カ所となると、飽きてしまいますし費用もそれなりにかかってきます。キッチンなどが部屋にある場合も材料をどう調達するかなど、イメージをしてみましょう。その上で、滞在中に必要なもの、また費用をしっかりと把握することが大切です。

長期滞在イメージ

長期滞在なら、趣味にもじっくり打ち込める

旅行会社、あるいは宿泊施設が長期滞在のプランを積極的に展開する背景には、震災・原発問題により海外からの旅行者、あるいは国内でも団体旅行が減少し、得に大きな施設などでは空室が多くなっているという事情があります。

つまり「余裕がある部屋を利用して、より多くのお客様に来て頂けるように……」ということ。旅行者にとって、今は国内旅行をお得に楽しめるチャンス。日頃なかなか駆け足でしか観光していなった日本の良さを、この機会に再発見してみてはいかがでしょうか?

さて次ページでは、私のオススメの長期滞在プランをご紹介します。
>>JAL×星野リゾートが提案する「日本旅プロジェクト」<青森県>