中身が透けて見えるのがポイント

中身が透けて見えるのがポイント

キラキラしたビーズを使ったピアスなど、小さなアクセサリーを包む時は中身を見せるラッピングもお勧めです。今回はレースリボンを使った簡単で涼しげなラッピングアイデアをご紹介します。

材料

材料

材料

  • 包みたいピアス 1組
  • ギフトシール 1枚
  • 名刺サイズの厚紙 1枚
  • ハガキサイズ(A6)のビニール袋 1枚
  • レースリボン 約65cm
  • 細いサテンリボン2種 約35cm
  • ホチキス
  • スクリューパンチ(ない場合は1穴パンチ、目打ちなどで代用)

レースを使ったピアスのラッピング手順


シールを貼る

シールを貼る

1.まず名刺サイズのカードにアクセントとしてギフトシールを貼ります。包みたいピアスとのバランスを考え、シールを貼る位置を決めましょう。





穴を開ける

穴を開ける

2.カードにピアスを通す穴を開けます。スクリュー型のパンチ又は打刻式のパンチがあれば好きな位置に穴が開けられるので便利ですが、ない場合は1穴パンチや目打ちなどで開けます。





セットする

セットする

3.開けた穴にピアスの金具を通してセットします。







後ろ側を固定

後ろ側を固定

4.今回のようにフック型のピアスの場合は外れないように後ろ側をマスキングテープで固定します。






袋に入れ口を留める

袋に入れ口を留める

5.ハガキサイズの透明袋に入れ、口部分を中央に寄せてホチキスで留めます。これで口がすぼまった三角形になりました。






レースを巻きつける

レースを巻きつける

6.図のように袋の手前から後ろへレースを回し、縦に2周するように巻きつけます。






カットする

カットする

7.レースを2周させたら、上部で余分なレースはカットします。







口リボンを結ぶ

口リボンを結ぶ

8.細いリボンを2本合わせて口部分に結びます。レースの位置を整え、中のピアスがのぞくようにします。できあがり。






中身や季節に合わせて、口に結ぶリボンを違うものにするとまた雰囲気が変わります。麻紐や毛糸などもお勧めですよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。