キッチンの引き出し、肝心なのはその中身
〈収納リフォームの掟-4〉

キッチンの収納リフォーム、4つめの掟は「キッチンの引き出し、肝心なのはその中身」です。引き出し式キッチンの登場により、今まで悩みの種だったシンクやコンロ下の収納が、出し入れしやすく、奥まで使いこなせるようになりました。しかしここで注目したいのは、その引き出しの中身、使い勝手です。

ポケット収納

小物を収納するポケットや、重ね置きを減らすようスライド棚がついた引き出し式キッチン(LIXIL)


ただ引き出しにするだけでは、結局鍋やフライパンが積み上がり、小物はあちこちに散らばってというようなことが起きます。そこで、最新のシステムキッチンは、この引き出しをどう使いこなすか、二段式の引き出しや内ポケットの採用など、各メーカーが競い合って開発を進めています。リフォームの際には、引き出しの使い勝手に注目してみましょう。

〈ワンポイントアドバイス〉
ポケット収納にもメーカーごとに様々な特徴が

引き出しを引いた時、一番手が届きやすい手前の部分に小さな収納スペースを設けたのがポケット収納です。斜めに扉が開くタイプ、開いたとたんに中身が手元までポップアップするタイプ、フライパンフックがついて整理整頓が楽なタイプなど、各メーカーそれぞれに特徴があります。詳しくは下記でご紹介していますので、ご覧になってみて下さい。

キッチンの足元のじゃま物は徹底的に排除する
〈収納リフォームの掟-5〉

キッチンの収納リフォーム、最後の掟は「キッチンの足元のじゃま物は徹底的に排除する」です。とても素敵にキッチンのリフォームしたのに、ゴミ箱が足に当たってジャマ!冷蔵庫を開けるたびにゴミ箱を足で寄せて、なんてことにならないよう、ゴミ箱置き場を忘れずに確保しておきましょう。

分別ゴミ

作業カウンターの下の空間にゴミ箱置き場を作った例(パナソニック


分別のためのゴミ箱の数を考えると、かなりのスペースが必要になります。足元の空間を上手に活用しましょう。 

〈ワンポイントアドバイス〉
忘れがちなスペースをチェック、プラゴミ置き場も

ゴミ置き場と共に忘れがちなのが、布巾掛けとプラゴミの乾燥スペースです。忘れずに計画に入れておきましょう。


キッチンの収納計画は、調理だけでなく日々の家事の手間、買い物の仕方、料理のメニュー、ひいては家族全員の食生活にも大きな影響を与えます。大事なことは、どう仕舞うかではなく、どう使うかを考えること。リフォームの際には、まずは我が家の生活スタイルをよく考え、それにあわせてじっくり計画を立てましょう。

吊り戸棚を徹底解剖、収納としての実力や、弱点を克服して便利に活用するリフォーム術を下記で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧下さい。
【関連記事】



Copyright(c)2017 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。