東京から約1時間で観光の中心「富津公園」へ

 

 

千葉県の南部、東京湾に面した富津市。

富津という市名は日本武尊伝説によるものとされます。嵐に遭遇した日本武尊を助けるため、海に身を投げた弟橘姫の袖が海岸に流れ着いたことに由来して布流津(ふるつ)の地名になり、転じて富津になったといいます。

富津市は、意外に広く、富津岬から竹岡、金谷まで含まれますが、ほとんどが東京湾に面していますので、海水浴や釣り、潮干狩りなど海のレジャーが盛んです。

富津市の観光の中心「富津公園」は、東京湾に細く突き出した富津岬全体が公園となっています。ここでは、春先から潮干がはじまり、夏には海水浴場やジャンボプール、キャンプ場も開設されます。

また、一年を通じてテニスや屋内温水プールも営業しているので、いつ訪れても楽しむことができます。
 

 

 

 

岬の先端には、展望塔が設置され、ここからは東京湾を一望でき、天気が良ければ富士山も眺められます。

「富津公園」の周辺には、海の幸が味わえる飲食店が軒を連ねます。青柳や蛤、浅利などの貝類から、はかりめとよばれるアナゴまで富津の海で取れた魚介が味わえます。

また、「富津公園」から東京湾沿いに館山方面に進むと「金谷」エリアに到達します。

ここには、温泉が湧き、「ザフィッシュ」をはじめとする新鮮魚介が味わえる飲食店、さらには329mの標高を誇る鋸山などがあります。

東京から「富津公園」までは、アクアライン経由で約1時間で到着できます。

富津は、アクアラインの海ほたるで遊ぶこともできる、都心から近いおすすめドライブスポットです。

■富津公園
所在地:〒293-0021 富津市富津2280
電話番号:0439-87-2565(富津観光案内所)
アクセス:館山自動車道木更津南IC~国道16号線直進、富津岬方面へ20分
HP:www.futtsu-kanko.info/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。