コスパが非常に高いワイヤレスキーボード

Unifyingに対応したフルワイヤレスキーボード。「Unifying」は、ロジクール独自のアドバンス2.4GHzワイヤレス技術のことで、何と最大10m離れたところからでも遅延やデータ欠損なく接続ができるという優れキーボードです。

良い点

  • 安定したワイヤレス接続
    Unifying対応のワイヤレスで非常に安定(離れていても)しています。
  • コストパフォーマンスがいい
    最安値で1200円ほどという低価格なのに、機能が優れていて申し分ないくらいコスパがいいものです。
  • 省エネ
    自動スタンバイ機能搭載で、キーボードを使用していないときには電力削減についながります。HP上では電池寿命が最大24カ月(2年)となっています。
  • 耐水
    飲み物を飲みながらPCやタブレットを触っているとこぼしてしまうことがたまにあります。そんなときにも安心な耐水設計となっています。
  • USBホスト対応のandroidタブレットで小型レシーバー使用可能
    USBポートに挿入するだけでという簡単な操作で接続できます(※Acer ICONIA A200や、Sony Mobile XPERIA acroHDなど)。

■Wireless Keyboard K270
公式サイト:http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/wireless-keyboard-k270?crid=26




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。