800年ほど前から温泉地として栄えていた温泉街へ!

 

 

下関市にある川棚温泉がおすすめです。下関ICから車で約30分、静かな山道を進むと温泉街が現れます。その歴史は古く、800年ほど前から温泉地として栄えていたそう。古くは江戸時代から長府藩主の毛利候、昭和初期には歌人の種田山頭火やピアニストのアルフレッド・コットーなどが訪れ、川棚温泉をとても気に入っていたそうです。

川棚温泉に行ったらやはりまずは温泉へ。ホテルや旅館では立ち寄り湯ができるところが多く、気軽に日帰り温泉も楽しめます。もちろん時間に余裕があるのなら宿泊してゆっくりしたいですね。

そして、外せないのがグルメです。川棚温泉と言えば何と言っても「瓦そば」。その名のとおり、瓦の上にそばがのる見た目にも楽しいそばです。アツアツに熱した瓦に、茶そばが盛られ、その上に牛肉、錦糸卵、ネギ、ノリなどが載っています。瓦に接しているそばはパリッとした食感。これをつゆにつけて味わいます。茶そばやレモンのさっぱりした味に牛肉のうまみがプラスされ、満足感も高い料理です。とてもおいしいので、川棚温泉に行った際にはぜひ。私は発祥のお店の「たかせ」に行きました。ほかにも下関らしいフグを食べられるお店も多いです。
 

 

また、かわいい温泉まんじゅうも売っていました。三春堂というお店のものです。

■川棚温泉
住所:〒759-6301 山口県下関市豊浦町川棚5180(川棚温泉観光協会)
電話番号:083-772-0296
アクセス:www.kawatana.com/#anc04
HP:www.kawatana.com/#top

■瓦そばたかせ
住所:〒759-6301 山口県下関市豊浦町 大字川棚5437
電話番号:083-772-2680
営業時間:11:00~21:00 (20:30 L.O)、(月曜日のみ15:00~17:00は営業なし)
定休日:毎週木曜日(祝日の場合は営業)
アクセス:www.kawarasoba.jp/access/index.html
HP:www.kawarasoba.jp/index.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。