アイメイクが原因でドライアイになる危険性も

アイメイク

アイメイクをしすぎると、それがドライアイの原因になることも!?

アイメイクは女性がメイクの際にポイントにする箇所のひとつですが、目の際までアイラインを引くことで、ドライアイなど目のトラブルを引き起こす可能性があること、皆さんはご存知でしたか?

目の縁にはマイボーム腺という脂質を出す穴が並んでおり、それが涙の蒸発や安定に影響を与えています。際までしっかりとアイラインを引くと、マイボーム腺が塞がれてしまい、うまく機能しなくなります。また、きちんとメイクが落とせていないなどマイボーム腺が詰まった状態が続くと、炎症を起こしてドライアイなどの目のトラブルにつながります。最近流行している“まつ毛エクステ”もメイクの汚れがたまりやすいので注意が必要です。
一方、メイクをしない男性も油断は禁物。目元をきちんと洗えていないなど不衛生な状態が続くと、マイボーム腺が機能しなくなることはあります。時には「デモデックス」という顔ダニの一種が棲みついて炎症を起こしてしまうこともあるそうです。

新発想! これからはまつ毛にもシャンプーを

アイシャンプー

マイボーム腺を清潔に保つために開発された、『アイシャンプー』。

そういった目のトラブルを予防するため、マイボーム腺を清潔に保つこと(リッドハイジーン)を目的に開発された日本初の専用商品が、目元用クレンジング料『アイシャンプー』です。目元の炎症を抑える抗炎症・抗菌作用がありながらも、低刺激で目に負担をかけません。こういった製品を上手に使って目元を清潔に保ち、目のトラブルを未然に防ぎましょう。

■関連リンク
アイシャンプー公式サイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項