穴場と化して来た、十和田湖ドライブでは必須のスポット

 

 

青森県を代表する観光地、十和田湖と奥入瀬。その十和田湖を代表する景観が「瞰湖台」からの眺めです。実際、雑誌やパンフレットの十和田湖の写真は、大抵瞰湖台の周辺で撮影されたものばかりです。その魅力は、当然絶景。晴れていれば必ず上の写真のような十和田湖の絶景が拝めるのですから、多くの写真がここで撮影されるのも、納得の展望台なのです。

これだけ素晴らしい「瞰湖台」ですが、国道のバイパス(トンネル)が完成して国道から外れたので、近年では観光ルートから外れてしまい、知っている人だけが行く穴場と化して来たように思います。しかし、晴れていれば必ず寄ると私自身決めているように、本当に素晴らしい展望台で、しかも車で行けて徒歩で登る必要が無いのですから、十和田湖ドライブでは必須のドライブスポットだと思います。

改めて「瞰湖台」の良さが見直される事を願って投稿いたします。

■瞰湖台
住所:青森県十和田市十和田湖畔
電話:0176-75-2425(十和田湖国立公園協会)
アクセス:東北自動車道小坂ICから約30km
HP:www.env.go.jp/park/towada/(十和田八幡平国立公園)

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。