【編集部からのお知らせ】
恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

バツイチ女性はどうやって婚活している?

バツイチ女性の婚活ポイント

バツイチ女性が成功する5つの婚活ポイントとは?

離婚を経験した人の多くは、結婚に対して少々臆病になる傾向にあります。「再婚できてもうまくいくのかしら」と不安になる気持ちはわかりますが、それがエスカレートすると、チャンスがあっても「二度と離婚したくない」と再婚に前向きになれなくなってしまうかもしれません。再婚するにしてもなかなか……と慎重になりすぎてしまうことも、婚活がうまくいかなくなってしまう原因となってしまいます。

一方で、ネガティブな気持ちを乗り越えて婚活に力を入れているバツイチの女性の方もいらっしゃいます。婚活パーティーや合コンはもちろんですが、最近では婚活アプリやネット婚活を活用して婚活をしている女性も多いです。また「婚活バー」「婚活居酒屋」といった飲食店のサービスも増えてきています。このようなお店はパーティー会場よりも堅苦しくないので、比較的気軽に参加できるのがメリットになっています。

このようにさまざまな手段を使って婚活をしているバツイチの女性ですが、どんな心構えを持って婚活をしていけばいいのでしょうか。心構えと言っても難しいことではありません。意識をすることで再婚のチャンスにつながるポイントを5つ紹介します。
   

1.過去の結婚生活の経験を活かす

バツイチになった理由はさまざまあると思いますが、離婚前の結婚生活で嫌というほど反省をしてきたのは共通点と言えるのではないでしょうか? 離婚にあたり「ガミガミとうるさく言い過ぎたかな」「ちょっとしたことでもすぐに疑っちゃったな」「思いやりが足りなかったかな」など、なぜ結婚生活がうまくいかなかったのかを考えたはずです。相手との相性が悪かったという結論になるかもしれませんし、相手が悪かったと思う人もいるでしょう。どのような場合でも、まずは過去の出来事を認める必要があります。

離婚をするまでには、実に多くの経験をしてきているはずなので、このときの経験を活かすことが、バツイチの女性にとっては大切なことです。そうすれば、次に同じシチュエーションになったときには過去とは違った対応ができます。
 

2.離婚の理由を伝えるタイミングをはかる

気になる相手がバツイチなら、離婚した理由が気になるものですが、焦ってはいけません。理由を聞きたいと思っていても、相手が自分に対して心を開いていなければ、「性格の不一致」「金銭感覚の不一致」と言うありきたりな離婚理由しか教えてくれません。

もし自分も離婚をしているのであれば、まずは自分から離婚の理由を打ち明けるといいでしょう。そうすれば相手も話しやすくなります。タイミングとしては、2回目か3回目のデートのときがいいと思います。このくらいになると、お互いに心を開きつつあるので、相手のことをもっと知りたいと思いやすくなるからです。

離婚の理由を伝えるときには、離婚した相手を悪く言わないように気を付けましょう。例えば、「相手が浮気男で働かないダメ男だったので、捨てました」のようにキツイ言い方をすると、それを聞いた人は、「なるほど、この女性は浮気をしたくなるような人なんだろうな」と思ってしまうでしょう。

他にも
  • 浪費家で家庭を顧みないひどい男だった→なるほど、旦那さんが家庭を顧みるのが嫌になるような人なのかな?
  • 暴力を受けた→なるほど、殴りたくなるほど、人をイライラさせる人なのかな?
  • 子どもが欲しかったのに、子作りの能力がなかった→なるほど、子どもをつくりたくないと思われるような人なのかな?
というように、悪い意味でとられてしまうことが多いのです。

要するに、相手を悪く言うことによって、自分の欠点がはっきり見えてしまうというわけです。言わなくてもいいようなことは、極力言わないこと。これが大事です。

ただ離婚した相手のことを何も言わず、離婚の理由を伝えるのは難しいもの。そのときには自分の非も認めるようにしましょう。例えば、「私もわがままなところがありました。今はすっかり反省しています。」と言うくらいは伝えた方がいいと思います。
 

3.「専業主婦になりたい」は禁句

専業主婦になりたいは禁句

「専業主婦になりたい」は禁句

結婚を「専業主婦になるための手段」だと考えている人もいるようですが、ここではっきり言っておきます。この考えを持っている以上、結婚はできないと思っていいでしょう。

今時、妻が専業主婦でいられるくらい家計に余裕がある家庭はそう多くはありません。夫婦共働きで家計を担っていく必要があるのです。もし専業主婦になりたいと思っているのであれば、余程稼ぎのある人と結婚しなければなりません。しかしそのような高収入の人はすでに誰かと結婚しているはず。

働きたくないから、専業主婦になりたいから結婚をするというフレーズは、間違っても言ってはいません。
 

4.所帯じみない服装を心がける

再婚の方が特に気をつけなければならないのは、「所帯じみない」ことです。「所帯じみた人」とは、いい意味では「落ち着いている」ととらえることもできますが、独身の人に比べると地味だったり、流行に鈍感だったりする傾向があります。もちろん個人差はありますが、婚活をするなら女性らしさ、男性らしさも求められます。

再婚をするにしても、やはりトキメキがないといけませんから、ある種のキャピキャピ感は必要です。そのため、最低限の容姿のチェックは日ごろから怠らないようにしましょう。
 

バツイチ女性が婚活で成功するための服装は?

婚活をするときには、服装にも気を使う必要があります。今風の洋服でいいのですが、あまり流行は追わない方がいいでしょう。露出が多いものや派手なデザインは避けて、清楚で上品に見える服を選びます。目指すのはアナウンサー風です。また、多少年齢が高くなったとしても、所帯染みてしまうのはよくありません。決して「お母さん」のようになってはいけないので、できるだけ身体の線が出る洋服がいいでしょう。そうすることで、お腹周りを気にしたり姿勢を正すようになります。つまり、自分の意識が変わるのです。体型を隠すのは逆効果になるので、婚活で楽チンな服は着ないのが鉄則です。靴はヒールのものを選びます。ただしヒールが高すぎるのもよくないので、自分にあった高さのものを選びましょう。

婚活をするときには、自分の意識を変えていくことも必要です。普段とは違う場所に行く以上、キレイに見せる努力を惜しんではいけません。
 

5.連れ子や元妻のところにいる子供を気にかける

再婚をするときには、自分や相手に子供がいる場合も多いので、まずは子供のことを気にかけましょう。婚活をしている最中であっても、それは同じです。特に女性の場合、相手と元奥さんとの間の子供にヤキモチを焼いてしまうこともあるかもしれませんが、穏やかな気持ちでいる必要があります。

また再婚をしたからといって、すぐに「母親」や「父親」になれるわけではありません。やはり子供が再婚相手を「親」として認められるようになるまでには一定の時間がかかるので、辛抱強く待つしかありません。もし再婚相手との間に子供ができたときには、どうしてもその子を一番に思ってしまいがちですが、他の子供のことも考えて、寛大な気持ちでいることが大切です。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。