バツイチ女性の婚活ポイント

バツイチ女性の婚活ポイント

バツイチ女性の婚活ポイント

離婚を経験した人の多くは、結婚に対して少々臆病になる傾向にあります。「今度はうまくいくのかしら」と心配する気持ちはわかりますが、それがエスカレートすると「二度と離婚したくない」という強い決意になって失敗を恐れてしまうのです。つまり、慎重になりすぎてしまって、再婚するにしてもなかなか……ということになり、婚活がうまくいかなくなってしまいます。

そんなバツイチの女性は、どんな心構えを持って婚活をしていけばいいのでしょうか。そのポイントを5つ紹介します。

1.過去の経験を活かす
2.離婚の理由を伝えるタイミングをはかる
3.「専業主婦になりたい」は禁句
4.所帯じみない服装を心がける
5.連れ子や元妻のところにいる子供を気にかける

1.過去の経験を活かす

バツイチになった理由は様々だと思いますが、今まで嫌というほど反省をしてきたのは共通点といえます。前回の結婚生活を振り返って「ガミガミとうるさく言い過ぎたかな」「ちょっとしたことでも、すぐに疑ってしまったかな」「思いやりが足りなかったかな」など、なぜ結婚生活がうまくいかなかったのかを考えたはずです。もしかしたら、相性が悪かったという結論になるかもしれませんし、相手が悪かったと思う人もいるでしょう。そういう場合でも、まずは過去の出来事を認める必要があります。

離婚をするまでには、実に多くの経験をしてきているはずなので、このときの経験を活かすことが、バツイチの女性にとっては大切なことです。そうすれば、次に同じシチュエーションになった時には違った対応ができます。

2.離婚の理由を伝えるタイミングをはかる

離婚した理由は誰しも知りたい事ですが、焦ってはいけません。特に相手も離婚をしている場合、その理由を聞きたいと思っていても、心を開いていなければ「性格の不一致」「金銭感覚の不一致」と言うありきたりな理由しか教えてくれません。

もし、自分も離婚をしているのであれば、まずは自分から離婚の理由を打ち明けるといいでしょう。そうすれば、相手も話しやすくなります。タイミングとしては、2回目か3回目のデートのときがいいと思います。このくらいになると、お互いに心を開きつつあるので、相手のことをもっと知りたいと思っているからです。

離婚の理由を伝えるときに気をつけることは、相手を悪く言わないことです。
たとえば、「浮気男で働かないダメ男だったので捨てました」とキツイ言い方をすると、それを聞いた人は、「なるほど、浮気をしたくなるような人なんだろうな」と思ってしまうでしょう。

他にも
・浪費家で家庭を顧みないひどい男だった→なるほど、旦那さんが家庭を顧みるのが嫌になるような人なのかな?
・暴力を受けた→なるほど、殴りたくなるほど、人をイライラさせる人なのかな?
・子どもが欲しかったのに、子作りの能力がなかった→なるほど、子どもをつくりたくないと思われるような人なのかな?
というように、悪い意味でとられてしまうことが多いのです。

要するに、相手を悪く言うことによって、自分の欠点がはっきり見えてしまうというわけです。言わなくてもいいようなことは、極力言わないこと。これが大事です。

ただ、相手のことを何も言わずに離婚の理由を伝えるのは難しいので、そのときには自分の非も認めるようにしましょう。たとえば、「私もわがままなところがありました。今はすっかり反省しています。」というくらいは伝えた方がいいと思います。

3つ目のポイントは、次ページへ>>