自覚なき脱水症状? かくれ脱水とは

人間の体内にある体液は、たくさんの水分と様々な成分で形成されています。人の体の中の水分量をご存知ですか? 何と大人では体重の60%、子どもで70%が体液なのです。

体液の多くは水分ですが、塩分なども含まれています。体液が不足した状態を「脱水」と呼びます。体内の水分が少なくなり、脱水で体に症状が出る状態を「脱水症」です。そして意外と知られていませんが、症状が出ない状態の脱水もあり、「かくれ脱水」と呼ばれています。

脱水の症状は程度によって様々ですが、倦怠感、しびれ、脱力感から痙攣、意識障害まで起こりますので、脱水症を侮ってはいけません。

脱水状態で起こる症状

体内の水分を失っていくと様々な症状が出てきます。体重に占める水分減少率の割合と共に、起こる症状は以下の通りです。
  • 体重の約2% → のどの渇き
  • 体重の約3% → 強い渇き、ぼんやりする、食欲不振
  • 体重の約4% → 皮膚の紅潮、イライラする、体温上昇、疲労困憊、尿量の減少と濃縮
  • 体重の約5% → 頭痛、熱にうだる感じ
  • 体重の約8~10% → 身体動揺、けいれん

熱中症予防のためも大切な水分補給

水分補給

水分をできるだけ補給しておきましょう。少し塩分を含む方がいいです

脱水症と熱中症は、体液減少が関係する部分で共通点があります。熱中症は、高温多湿の環境では、汗が乾きにくいために、体温を下げるシステムが作用しないので、体温が上昇してしまいます。また、水分が不足すると、汗の分泌が減りますので、さらに高温になります。

体温を下げるシステムが働くと、汗をどんどんかくことになりますので、体温を下げることができますが、脱水症の危険が出てきます。つまり、熱中症と脱水症に対しては、水分補給と共通した治療を行うことになります。

熱中症の場合は体温上昇が起こりますが、軽症の熱中症の場合は脱水症と同じですので、脱水症を防ぐことは、熱中症予防につながります。

のどの渇きを感じた時点ではすでに体重の2%の水分が失われていますので、まずは自覚症状のない「かくれ脱水」になっていることを知ることが大切です。

かくれ脱水対策で上手に熱中症予防!

ペットボトル

傍にすぐに飲めるドリンクを用意しておきたいものです。

かくれ脱水は、なかなか感じにくいので、今日はあまり飲んでいないけど、ノドも乾いた感じはしないし、自分は大丈夫と思うことが一番危険です。何事も過信、慢心ほど、怖いものはありません。

熱中症は重症の場合は命に関わりますので、のどの渇きを少しでも感じたら、塩分を含む水分または水分補給をしましょう。自分だけは体は丈夫だし、スポーツもしているし、今まで熱中症になったことが無いから大丈夫と思っていれば、危険です。今までないから今後も無いとは言えません。

最近は、平均気温は上昇しています。東京で、1965年には年平均気温14.6℃でしたが、2004年には17.4℃まで上がっています。日本は多湿ですから、気温が上がると、それだけ熱中症の危険度が上がります。昔より熱中症になりやすいのです。

熱中症の予防で一番大切なので、自分の体の状態を知ることです。気づかずに進む病気に、過信せずに早めに気付くことが、熱中症に限らず、大切なことになります。

詳細は、携帯型熱中指標計「見守りっち」付き熱中症対策ガイド (マイナビムック) 熱中症対策ガイド(電子書籍)を参考にしてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項