フォーブスで5つ星を獲得した名スパ

南湾湖を望むスパルーム

夜景も素晴らしいウォーターフロントのスパ

マンダリン オリエンタルといえば「ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル」。一時的なラグジュアリー体験や癒しに終わらない、カウンセリングやコンサルテーションにも力を入れた本格的なトリートメントは、多くのゲストを魅了してやみません。なかでもマカオは2013年、Forbesトラベルガイドのスパ部門で5つ星を獲得した、注目のスパ。

アロマテラピーアソシエイツ

これぞ、「ザ・スパ」の香り

マカオの5つ星ホテルでは珍しく、カジノを併設しない「マンダリン オリエンタル マカオ」。アクセス便利な中心地にありながら静寂に包まれるこのホテルの3階に、「ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル」はあります。エレベーターを降り、エントランスに一歩足を踏み入れると、なんともいえない優しい香りに包まれます。ゲストをそっと癒すかのような、この香り。マカオにかぎらず、マンダリン オリエンタルのスパを経験したことある人なら、ピンとくるかもしれません。イギリスの名門ブランド、「アロマテラピーアソシエイツ」のスパプロダクツの香りです。

 

オリジナルのアロマオイル

独自に開発したアロマオイル

「ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル」ではさらに、「アロマテラピーアソシエイツ」と共同開発したオリジナルのオイルも用意。中医学医師とアロマセラピストが、陰陽五行説に基づき開発したアロマオイルは、世界のマンダリンで導入しているトリートメント「マンダリン オリエンタル シグネチャー スパ セラピー」で使われています。この代表的なトリートメントは、一人ひとりの体調を五行である「木、火、土、金、水」の5つのエレメントに分類し、それぞれに合うアロマオイルを選び、体質に沿ったトリートメントを施すというもの。ゲストのそのときの体調に合わせてカスタマイズされる内容は、開発に7年の歳月がかけられたのだそう。

 

バンブースイートからの眺め

バンブースイートからの眺め

トリートメントルームは、シングルルーム4室、スイートルーム4室の計8室。なかでも絶景を望めるのが、南湾湖と湖にかかるタイパ大橋、その向こうにマカオタワーを一望するバンブースイート。カップルで利用できる、広々としたスイートルームです。ホテルが林立するマカオには多くのスパがあり、いずれもラグジュアリーな空間を楽しむことができますが、この眺めの良さは、ウォーターフロントに位置するこのホテル、このスパならではと言えるでしょう。

 
アメジストクリスタルスチームルーム

ロッカールームから続くエリアにはスチームルームが

一般的なホテルのスパと同様、このスパでも、予約の1時間~30分前には到着しておきたいもの。トリートメントに先立ち、ヒート&ウォーターエリアにあるジャクジーやサウナを利用することで、その後のトリートメント効果を高めることができるからです。エネルギーを与えると言われるアメジストを用いたクリスタルスチームルームで心地よく汗を流し、アロマが香るレインシャワーでクールダウンするだけで、すでに心身は別世界へと誘われてしまいます。