角松敏生 SEA LINE ”RIE”

私はインスト曲が好きなのですが、中でも夏の海沿いドライブに最適だと思うのが、角松敏生の SEA LINE ”RIE”です。角松敏生を知らない人も多いと思いますが、シンガーソングライターで、一時期杏里のプロデュースもしていた人。

角松敏生のアルバムは大抵は歌が入ってますが、二枚だけインストのアルバムを出しており、1987年7月1日に発売された一枚目のインストアルバム「SEA IS A LADY」にSEA LINE ”RIE”が収録されています。アルバム・タイトルに海が入っている通り、海を連想する曲が満載です。

角松敏生のキーワードは、SEA IS A LADYのライナーノーツにも書いてあったと思いますが「過剰」です。SEA LINE ”RIE”も、角松敏生らしい夏の雰囲気の過剰さがある曲ですが、角松敏生にしてはすっきりまとまっている方でシングル曲になったり、当時はタバコのCMに使われたのも納得の名曲です。

まあ、百文は一聴に如かずだと思うので、夏の海沿いドライブ向きである事を、試聴で確かめてみて下さい。26年前の曲とは全く思えないと思います。それが名曲の名曲たる所以。同じアルバムには、MID SUMMER DRIVIN”REIKO”というのもありますが、SEA LINE ”RIE”の方が断然お勧めです。

■曲名 SEA LINE ”RIE”
■アーティスト名 角松敏生




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。