「SUV=4WD」は過去のもの?

フォルクスワーゲン・ティグアンフロント

フォルクスワーゲン・ティグアンTSIブルーモーションテクノロジーは、全長4430×全幅1810×全高1710mmで、4WDのRライン4モーションよりも全幅が75mmも狭い


ひと昔前までは「SUVといえば4WD!」と相場が決まっていたが、最近はコンパクトSUVを中心に2WDの人気も高まっている。いや、昔からSUVの2WDモデルはあったのだが、メインはあくまで4WDであり、2WDは脇役でしかなかったといえるかもしれない。

CR-VやRAV4は初代から4WDとFFがあるなど、国産SUVの場合はFFのSUVは珍しくもなかったわけだが、最近はフォルクスワーゲン・ティグアンのFFモデルやBMW X1のFRグレードが売れ行き好調というから、SUVだからといって4WDは必須ではないと考えている人も多いのだろう。

実用上は雪国に住んでいるのではない限り2WDでも日常は困らないし、スキーに出かけるにしてもスタッドレスタイヤで大半はこと足りてしまう。もちろん、雪国や山岳地域などではシーンによっては4WDで良かったというのは日常茶飯事。だからレンタカーはたとえヴィッツなどのコンパクトカーでも4WDなのは当たり前だ。

「SUV=4WD」の図式が絶対ではなくなったのは、よく言われるようにSUVがファッションとして成立しているということで、90年代初めを中心としたステーションワゴンブームにも少し通じる雰囲気があるかもしれない。

次ページは、フォルクスワーゲン・ティグアンについて。