和装花嫁のヘッドドレス

綿帽子undefinedホワイトドア

花嫁らしい初々しさが印象的な綿帽子 提供元:WHITE DOOR

和装花嫁の定番ヘッドドレスといえば綿帽子(わたぼうし)。白無垢で挙式を行う際には白い綿帽子や角隠しを付け、綿帽子なら披露宴の際には外すのが慣わしです。

中でも綿帽子は、白無垢に限り身に付けることができましたが、今ではオーガンジーなどの透ける素材のものや、色打掛の色に合わせた綿帽子などラインナップも豊富。綿帽子に白無垢を合わせるだけでなく、色打掛などでも綿帽子が被れるようになりました。花嫁らしさをアップさせる綿帽子。ぜひ色打掛での挙式にも取り入れてみて下さいね。

 

和装花嫁の髪型に新提案!

和装undefinedヘアスタイル

顔立ちを見ながら髪を結っていくので、コンプレックスをカバーも可能!?

花嫁らしい日本髪に憧れるけど、鬘(かつら)に抵抗がある、という花嫁におすすめしたいのが自分の髪で日本髪を結うスタイル。文金高島田(ぶんきんたかしまだ)は難しくても、肩につくぐらいの長さがあれば地毛で日本髪をつくることができます。

鬘(かつら)が似合わない・・・なんて心配する花嫁も、自分の顔立ちとのバランスをチェックしながら髪形を結っていくので安心です。 ^

 

チャペルで和装!?

黒引きundefined和装undefinedセントバース教会undefined

花嫁和装の正礼装で挙式をむかえましょう 提供元:大阪セントバース教会

教会式にも和装にも憧れる、そんな欲張り花嫁は多いはず。ほとんどの場合、教会でウェディングドレスを着て、披露宴・披露パーティで和装にお色直しというパターンになりますが、最近はそんな超定番パターンに落ち着かない花嫁も。白無垢などの和装で教会式を迎える花嫁もいるんです!

チャペルで和装!? と驚くかもしれませんが、花嫁の正装である衣装なら、和装でも洋装でもマナー違反にはなりません。

アンティークな英国のステンドグラスが人気の大阪セントバース教会によると、「チャペルでの挙式」と「着物が着たい」という夢を持つカップルが、実際に同教会にて白無垢で挙式をおこなった例もあるそうです。特に国際カップルでは多く、驚くほど珍しいものではないそう。

思い返せば黒田清子さん(紀宮様)がドレスで神前式に臨まれたように、その場にふさわしい衣装であれば問題はないということ。着物は日本人にとって、いわゆる民族衣装。その正礼装(第一礼装)であれば失礼にはなりません。確かにチャペルではドレスの雰囲気が一番しっくりきますが、チャペルで和装もタブーではないので柔軟に取り入れてみて!

【写真提供元】
WHITE DOOR(ホワイトドア)
TAGAYA
京都セントアンドリュース教会
アンティーク着物レンタル FuRa kimono
大阪セントバース教会


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。