中年男性の6割以上がイライラを感じている

男性,イライラ

中年男性の7割近くが、若い時よりもイライラの頻度が高くなる?

株式会社シタシオンジャパンの調査結果リリースによりますと、順天堂大学医学部・堀江重郎教授監修の下、40~50代男性(全国主要都市の1000人)のストレスの実態とストレス男性に対する妻・部下OL(各300人)評価に関して、調査を実施しました。

その結果、40~50代男性の63.8%が日常生活で「イライラを感じる」、また66.4%が20~30代の頃と比べて「イライラ」頻度が多くなったと回答しました。

一方、周囲の女性の評価では、『夫との生活に不安を感じている』と回答する妻が42.3%、部下の女性は『尊敬できない』(72.5%)、『嫌悪感を感じる』(67.4%)、『みっともない』(64.3%)と厳しい評価であることがわかりました。

堀江重郎教授は、「イライラは、男性ホルモンの分泌を抑制してしまうことから、50代から発症しやすい『男性更年期障害』を40歳代でも誘発してしまう可能性がある。しかも夏の猛暑等の天候でもメンタルバランスが崩れやすい」と指摘。

男性にも、更年期障害があるということが認識されつつ昨今ですが、更年期障害になる前にイライラを軽減させる工夫が必要ですね。

調査報告の中で、予防策として、国立精神・神経医療センター神経研究所・功刀浩氏は、イライラ軽減にはリラックス成分のテアニンの摂取を推奨されています。