株式会社プロテラス「Luci」

プロテラス株式会社ショールーム

写真1.プロテラス株式会社ショールーム

LEDによる間接照明

写真2.LEDによる間接照明。小さく収まる形状などにも対応できる。

天井や壁を照明する、建築化照明(間接照明)でもLEDの使用が増えており、各社で間接照明用の器具なども販売されています。そこで今回は、ライン型LED器具のバリエーションが豊富な、株式会社プロテラスが展開するLEDブランド「Luci」をご紹介します。

株式会社プロテラスは、商業施設のスペースデザインや、アミューズメント施設のプロモーションやメディアなどを手掛ける会社で、LED事業では、間接照明や棚下灯などの什器照明、サイン・看板照明を中心に展開しています。 

特徴としては色温度とサイズ、明るさのバリエーションが豊富で、光が途切れないきれいな光が出せることが挙げられます。施工もしやすく、低価格の製品も多いというメリットもあります。

 

色温度や形状のバリエーションが豊富

写真3.色温度や形状のバリエーションが豊富

ところで、ライン型LEDでは、大きく分けて、クリアカバーで素子が見えるタイプの器具と乳白カバー付きの器具があり、用途によって使い分けます。クリアカバーでは、より効率よく明るさが得られ、薄く小さく収めることができます。

一方で、乳白カバーでは、光が拡散するため、蛍光灯に近いやわらかな光を得ることができます。光沢のある仕上げでも素子のドットが映りこまず、マルチシャドウ(多重に影がでること)もでません。また器具が見える可能性がある場所では、クリアだと眩しく感じるため、乳白カバータイプがお勧めです。

次のページでは色温度や明るさを選べるライン型LEDについてご紹介します。