日本とは勝手が違うフランスのトイレ事情

トイレ事情

ボンマルシェのトイレは利用価値大

今回は、あまり夢のないお話ではありますが、切実な問題でもあるフランスのトイレ事情についてお話したいと思います。フランスのトイレは昔に比べ大分改善されたものの、日本と比べると衛生面でもサービス面でもまだまだ……。行きたいと思ったらすぐ行ける日本の生活に慣れていると、フランスではとても不便に感じると思います。女性にとっては特に切実な問題でもあるので、充分に対策をしてから楽しい旅行にしたいですね。

トイレがない、または有料

トイレ事情

バカラ美術館のトイレは、ライトがシャンデリア

まず最初に言っておきたいのは、フランスでは、日本では普通にある所にトイレがなかったりします。例えば、地下鉄の駅にはトイレはありません。それからカフェやレストラン、デパート、美術館、街のボックス型公衆トイレはいずれも無料ですが(例外あり)、国鉄駅やショッピングセンターなどでは有料(だいたい1~2ユーロ程度)の所が多いので注意して下さい。

それからマクドナルドやスターバックスなどのセルフサービス系に多いのが、トイレに入る時にコード入力が必要な場合。利用客以外のトイレ使用を防ぐためと思われますが、そういった所は会計のレシートに「Code Toilettes(トイレ・コード)」が明記されているので、必ず捨てずに持っておきましょう。

トイレが近めの人は、確実にトイレがある美術館、デパート、カフェ/レストランに入ったときはなるべく行くようにしたほうがいいです。

 

デパート

トイレ事情

ボンマルシェのトイレにはパウダールームもある

各階にトイレがある日本と比べると、フランスのデパートのトイレは圧倒的に数が少なく、一カ所という場合も少なくありません。なので必然的に行列ができています。

しかしながら、パリのボン・マルシェのトイレは改装工事後とてもキレイになっていて、あまり人もいなくソープとハンドクリームはイソップのものが置かれているなど日本のミッドタウン並みの快適さです。本館地下1階にありますので、ぜひ行ってみて下さい。

 

美術館、図書館

美術館や図書館には必ずトイレがあります。大きな美術館になると複数箇所にあり、比較的キレイです。図書館は旅行者にはなじみがないかもしれませんが、必ずトイレがあるので、覚えておくと便利かもしれません。
パリの図書館リスト

公衆トイレ

トイレ事情

パリの街の公衆トイレ

パリの街を歩いているとよく目にするのが、グレーのボックス型公衆トイレ。やはり行列ができていることが多く、まぁ、できれば利用したくはないですが……緊急時には利用することもあるかも。緑のランプがついていたら「空室」=入れます。

パリの公衆トイレリスト ※クリックすると住所や地図、利用時間が出てきます
公衆トイレの使い方ビデオ

 

最終手段はカフェで

トイレを探している時間がないほど緊急事態に陥ってしまった場合は、カフェに駆け込みましょう。カフェによってオーダーしなくても貸してくれる所と、オーダーしないと貸してくれない所があります。お店に入ったらお店の人に「トイレに行きたいのですが」と一言声をかけましょう。

覚えておきたい隠れ家的(?)トイレ

トイレ事情

カフェも併設するスウェーデン文化センターのトイレは、右の白い扉を入って地下へ

観光の中心地では、穴場のトイレポイントを押さえておきたいところです。パリでいえば、各国の文化センター内にあるトイレは便利。あまり知られていないので空いていて、キレイです。マレにあるスウェーデン・センター、サンジェルマンのサンシュルピス広場に面した中国文化センターなどは繁華街にあるので、いざという時のために覚えておくといいでしょう。

観光の中心地にある便利なトイレといえば、凱旋門の目の前のシャンゼリゼ通り沿いにあるピュブリシス・ドラッグストア。レストランやブティックが入っている複合施設ですが、正面の回転扉から入ったらそのまままっすぐ奥まで進み、階段を上がるとトイレになっています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。