本格アイリッシュブレックファストならノーススターホテル

コノリー

列車ダートの駅コノリーステーション。ノーススターホテルはここから歩いてすぐ

ダブリンでもアイリッシュブレックファストを食べられるところはいろいろとあるのですが、アイルランド人がうまいとうなずくアイリッシュブレックファストとして人気なのが3ツ星ホテル「ノーススターホテル」の朝食。レセプションで朝食チケットを購入すれば、宿泊していなくてもアイリッシュブレックファストをレストランで食べられます。それではその内容をご紹介しましょう。

ホテルクオリティのサービス

ティー

アイリッシュブレックファストには紅茶がよく合う

まずレストランに入ると、スタッフが席に案内してくれます。一人用の小さなテーブルもあるので一人旅でも問題ありません。ここのアイリッシュブレックファストは基本ビュッフェ形式ですが、はじめに席に案内してくれたスタッフが飲み物(コーヒーまたは紅茶)を聞いてくれて、朝食に合わせてサーブしてくれます。朝の忙しい時間帯にも関わらず丁寧な接客で、こういった部分にもさりげないながらもホテルクオリティのホスピタリティを感じます。

席についてふとフロアを見ると、非常にこまめにビュッフェコーナーの食べ物が補充されていることに気づきます。ホールスタッフとキッチンの連動がきちんととれているようで、ガイドが訪れた際には「これが食べたいのにない」ということが一度もありませんでした。

 

''アイリッシュ''を押さえたセレクト

ブレックファスト

厚切りベーコンやプディング、ソーダブレッドはアイリッシュならではのピース

ソーダブレッド

バターをつけただけでおいしいソーダブレッド

ここのホテルのアイリッシュブレックファスト特徴は、アイリッシュブレックファストに欠かせないものがきちんと揃っていること。ブラックプディング&ホワイトプディングや厚切りベーコン、ベーコンの脂で焼いた目玉焼き、ソーダブレッドなど、どれもアイリッシュブレックファストには欠かせない食材です。焼き加減などもばっちりで丁寧に用意されていることが感じられ、なぜアイリッシュに人気があるのか納得。

さらに、トーストやミューズリー、スクランブルエッグなどもあり、好みに合わせて選べるバリエーションもうれしいですね。朝食時に飲みたくなるさっぱりした柑橘系のジュースや、ボリューミーなフルブレックファスト後のお口直しにぴったりのフルーツやヨーグルトも揃っています。

 

レストランの利用の仕方

外観

ホテルはこじんまりしていながら雰囲気の良い外観

ノーススターホテルのレストランで朝食をとる場合、まずはじめにホテルのレセプションで朝食のチケットを購入します(10.95ユーロ)。その後地下のレストランへアクセスするカードキーと朝食チケットを受け取り、地下階のレストランに行きます。レストランではチケットをスタッフに見せればOK。ホテルの宿泊客と同じように朝食が食べられます。食事を済ませたら、カードキーをレセプションに返却して終了。

このホテルは、ダブリンシティセンターにあるので、朝食を済ませた後どこに行くにも便利です。アイルランドから南の近郊都市行きの列車「ダート」のコノリーステーションや地方旅行に便利なアイルランド国営バス会社のバスエーランのターミナルにも至近。朝早くから朝食が食べられるので、旅行の際に朝ごはんをここで食べるのもおすすめです。

<DATA>
■North Star Hotel(ノーススターホテル)
住所:Amiens Street, Dublin 1
TEL:+353 1 8363136
営業時間(朝食):7:00~10:00
アクセス:コノリーステーションより徒歩ですぐ



■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。