息をのむ緊迫感と、背負う人生のカッコよさ

■作品名
ハスラー
■監督
ロバート・ロッセン
■主演
ポール・ニューマン

人生の悲哀をビリヤードを通じて描いた本作は、ポール・ニューマンが役者としての名声を確固にした名作です。
ジェームズ・ディーンやマーロン・ブランドとアクターズスクールで同期でありなが、この二人に遅れを取っていた彼は、この作品での名演によって、二人に並び、トップスターの地位を手に入れました。

ニューマン演じる若手ハスラー、エディが、無敗の帝王ミネソタ・ファッツに勝負を挑み、破れる。
彼はファッツに再戦を申し込むための資金を得るために、賭博師のバートを頼ってケンタッキーでの大会に挑む。エディはなんとか勝利するものの、一足先にホテルに戻ったバートに恋人を傷つけられ、恋人は自殺。
そんな中での、最後のファッツとの大勝負は……。

なんといってもこの作品、ポール・ニューマンがかっこいいんです。

ビリヤードのシーンは、確かな強さを感じさせてくれるかっこいいものです。
くわえタバコのニューマンが、ワンカットで次々とボールをポケットに落としていくところなんかは、おそらく大変な練習を積んだのでしょうけれど、そんなことは微塵も感じさせないクールさがあります。

しかし本作の主眼は、そういったビリヤードそのものではなく、バートとの緊迫感溢れるやり取りや、エディの人生における挫折、そこからの大勝負への描かれ方というか、人間ドラマの方に置かれています。

最後、ひとり残されたエディの姿は、ビリヤードと人生との、その勝ち負けの難しさを象徴しているような、すばらしいラストシーンです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。