お財布が一緒だと、いろいろなものが一緒になる

夫婦は収入を合算して貯金しよう

お金に関しても家庭内で透明性を持たせておくと、家族関係はうまくいきます

家計を合算するのがよいのは間違いないのですが、合算してうまくいくにはもう一つコツがあります。夫婦が同じ価値観や目線をもち、不平等にならないこと。どちらかが自分だけ優位にお金を使いたいと考えたり、家族全員に必要なお金であっても自分の思い通りに支出していきたいと思ったりと、一人が独走するような体制になるとうまくいきません。

逆にうまくいくのは、同じ目線で、平等に家計を考えてお金を使う環境を作れること。こうなるには、会話が大切です。一緒に行動するということも必要になるでしょう。そういうことを繰り返していくと、考え方なども相互に理解しやすくなり、夫婦が共有するような事柄がどんどん増え、より絆の深い関係も作れると思います。

別財布家計の欠点、合算家計の欠点

財布を別にする家計管理の利点は「自分の収入を自分の好きなように使える」ということです。とても理想的なように見えますが、欠点もあります。家計費として出し合うお金以外にいくら持っているのかがわからないこと。

もしかするとすごく貯めこんでいるかもしれませんが、逆に知らないうちに多額の借金を作っている可能性もあります。また、お金の使いみちもわからないので、ギャンブルに走ってしまった時や何かトラブルがあった時などもわかりにくいという面もあります。要は、目に見えないお金や行動などのことは、わからなくなってしまうということです。

合算している家計においては、実はあまり欠点がありません。あるとするなら、内緒でお金を使うことができない、ということでしょうか。

同じ家庭の中で、他人のように暮らすのでは、生活もやりくりもうまくいかないことが多いものです。一緒に暮らすからこそ、共有できることが多いほうがうまくいくのではないかと思います。お金についても、人間関係としてもです。

現在、夫婦のお財布が別だという方は、ぜひ、共有できるように配偶者に働きかけてみてはいかがでしょう。

【関連記事をチェック!】
カードを整理して「貯まる財布」を作る
家計の中に小遣いは必要なのか?
夫婦共働き家計の上手な分け方・まとめ方

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。