部屋がきれいはお金とどうつながっている?

部屋がきれいな人はお金が貯まる!はホント?

部屋がきれいな人は、自然にお金が残るような生活ができているともいえます。

部屋がきれいな人は、リッチで素敵な生活をしている、そんな印象がありませんか?そしてほとんどの場合、その印象はあっていることが多いのです。

では、部屋がきれいな人は稼ぎが自分より良いのでしょうか? けしてそうではないはずです。でも、おそらく同じような稼ぎであっても、部屋がきれいな人のほうが貯金を持っているということは間違いがないかもしれません。
その差は何でしょうか?

部屋がきれい=お金の扱いがきれい

部屋をきれいにできる人は、まず、ムダ遣いが少ないと言えます。たとえば、部屋のどこにどういうものがあるのかを把握できていることが多いので、同じようなものをいくつも購入するという行動が少なくなります。

また、似たようなことですが、お金を使うときに本当に自分はこれを持っていて使うのか、とか、大切にするかというようなことも考える傾向にあるので、ムダなものを持たない=部屋がものであふれない、ということになります。自然と部屋に余分なものを置かない行動がとれている、ということですね。

お金の扱いがきれい=財布もきれい

お金の扱いがきれいという人は、お財布の使い方もきれいです。カードはわかり易く入っている、お金が取り出しやすいように入っている、そういう単純なことですが、これができているとできていないとでは、お金が寄ってくる人かそうでないかの差が大きく出ます。

私のところに「お金を貯められるようになりたい!」とご相談に来られる人の多くは、お財布をきれいに使えていないいわゆる詰め放題状態の「ブタ財布」を使っています。割引券を持っているはずなのに見つからず、いざ見つけると有効期限切れ、とか、いつ使うかわからないポイントカードがたくさん……これではお金は逃げてしまいます。

お財布にいくら入っているのかもわからない状態になっている人もいます。