節約といえば、食費や光熱費!?

これで貯まる!固定費カットの節約術

固定費は減らせます。払っているものを見直してみましょう

支出は2種類に分けられます。基本的に毎月の支払額が変わらない「固定費」と、使い方によって支払額が変わる「変動費」です。

とかく節約の対象となりやすいのは、食費や交際費、水道光熱費といった変動費です。ただ、毎月支払額が変わる変動費を意識し、節約を継続できる人は一体どのくらいいるでしょうか?

目先のできることから始めてみることも大切なことですが、もっと効率的で効果が継続しやすい支出削減方法はないのでしょうか。実は、もっと長続きしやすく、効果の高い節約方法が他にあるのです。

固定費は本当に減らせないのか

「固定費」は、毎月毎月、当たり前のように同じ金額を淡々と支払っているものです。決まりきった支払額は変えられない、減らせないと思い込んでいるのです。しかし、本当にそうでしょうか?それは間違いだ!と疑ってみたほうがよいでしょう。

家賃や住宅ローンといった住居費、生命保険料や新聞代などの固定費の中には、「最低限支払わないといけない」というものもあります。外で野宿するわけにもいきませんから、住居費は払わなければなりません。でも、生命保険料や通信料などは、なくても何とかなるものです。

いくら節約をがんばっても、貯金もできず、生活の楽しみもないのであれば、極端な話、この「なくても何とかなるもの」をスパッと切ってしまってもいいわけです。全てなくさなくても、減らすことはできるはずです。

今入っている生命保険をチェックして、ムダがあれば保障を減らすか、他にもっと保険料の安い生命保険があれば入り直す。通信費なら、十分に使っていないネット等など、無駄な契約がないかを点検する。帰って寝るだけの部屋なら、もっと安い家賃のところへ引っ越しをする。

これらの方法を本気で考えたことがありますか?実は、固定費というのは、“無駄で十分すぎる契約が多い”ものなのです。

項目ごとの固定費削減のコツは?

■家賃(賃貸の場合)
独り暮らしには広すぎる、立派過ぎるなど、身の丈に合わない高額な家賃のところに住んではいませんか?家賃が収入の30%を超えている場合は、引っ越しも検討を。
■住宅ローン(持ち家の場合)
金利の高い時代の住宅ローンは、借り換えを考えるのもよいでしょう。借り換えには手数料がかかるため、コストをかけても借り換えたほうが得かどうか、よく調べる必要はあります。面倒ではありますが、見直せば効果は大です。
■生命保険
セールスマン・セールスレディの言いなりで加入していませんか? 私には本当にこんな充実した保障がいるの?と疑ってみることです。充実した保障を備えていれば安心かもしれませんが、その前に目の前の生活を堅実に過ごす必要性のほうが高かったりもします。昔に加入した保険は、今の自分に必要な保障内容でない場合もあります。これを機に見直すのをおすすめします。
■通信費
通信費も固定費と考えてよいでしょう。契約内容を見直して、基本料金や使い方を意識してみてください。インターネット代が不要に高い、携帯電話を2個以上持っている、契約プランの見直しをしたことがない、こういう人は使い方や契約内容を見直すと数千円の効果が出ることもあります。

スマートフォンがWiMAXルーター機能を持っており、パソコンでも携帯電話でもネット接続ができ、かつネット接続料金が1本化されるので、プロバイダー料金がまるまる節約できる!といったケースもあります。独り暮らしの人、家族みんなが携帯電話のネット接続を利用する家庭には向いている方法です。 

以上、固定費の代表的な項目を挙げました。これだけでも節約効果は十分にあるのです。

では、次に固定費のワースト10を見てみましょう。