我が家の収入、知っていますか?

夫婦は収入を合算して貯金しよう

お財布は夫婦一緒?別々な財布?小遣い以外は一緒のほうが、うまくいくこと間違いなしです

1カ月の夫婦の収入がいくらで、生活にはいくらのお金がかかっているのか、お互いに知った上で家計管理をしていますか?

50代以上のご夫婦では「夫が収入をすべて家庭に入れ、妻がしっかりやりくりする」という家計運営の方法が多いのですが、40代以下ですと管理の仕方が少し変化してきているようです。

夫婦合算して、収入全てをやりくりするというよりは、互いの収入の中から生活費を出し合うような、「お財布を別にした生活」が当たり前のようになっているようなのです。ご主人のみが収入を得ている場合は、生活費のみを奥さんに渡す、というようなケースもあり、これは離婚理由でも上位にくる、あまりよくない家計管理方法です。

お互いが気持ちよく暮らすための「別財布生活」……のはずが、いつも間にかすれ違い、お互いが何をしているのかわからない、ということも起こっているようです。

家計管理がうまくいく家庭は「合算家計」

これまでかなりの数の家計を見てきて、家計管理がうまくいき、貯金の計画も順調に進むという家庭のほとんどは、夫婦合算の家計でした。そしてそこからお小遣いをもらい、生活を楽しむ…というやりくりです。

先日、某テレビ番組に出演した時、ご意見や質問のFAXを非常にたくさんいただきました。その中には、我が家はこうやっていてうまくいっている、うちはここを直したいがなかなか協力してもらえないなど、様々な声がありました。でも、ここでも確信できたのは、夫婦合算の家計は家計管理がうまくいきやすく、貯金の目標も共有できているので非常に順調、ということです。

私のところのお客様だけではなく、世の中のご家庭の多くがこれでうまくいっているというのであれば、もう机上の空論ではありません。多くの成功者がいる事実から、現在は別の財布でやりくりしている皆さんに、合算にしてください!とお伝えしたいです。

収入を合算して管理するとどんなメリットがある?詳しくは次ページ>>>