コンシューマーゲームのダウンロード版を買ったことが無い人の為に

ゲームソフトの図

ゲームソフトが「物」ではない時代になってきています

ファミコン時代、ゲームと言えばカセットでした。赤、青、黄色、たくさんのカセットをズラッと並べて持っている友達がいると、うらやましくてたまりませんでした。今思い返せば、あの時のゲームソフトというのは、「物」という感覚がとても強かったように感じます。それがCDになった時、一気に物としての重みは減ったのかもしれません。それがさらにDVDになって、Blu-ray Discが登場し、携帯機はカード型になっています。

そして今ではとうとう物の無いデータだけのもの、つまりダウンロード版が普通に売られるようになりました。大部分のゲームがパッケージ版と同時にダウンロード版を販売するようになりましたし、2012年11月8日に任天堂から発売されたニンテンドー3DS用ソフト「とびだせ どうぶつの森(以下どうぶつの森)」は2013年1月末時点で、ダウンロード版が70万本以上も販売されていることが明かされています。

これまでダウンロード版には抵抗あったけど、使ってみたら便利だった、というような方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。とはいえ、まだまだ利用したことが無いという人も多いはずです。というわけで、今回はダウンロード版だとこんな嬉しいことがあるよ、というのをご紹介してみたいと思います。

いつでも手に入る

ダウンロードしている図

大事なことは、欲しい時に手に入る、ということなのです

どうぶつの森のダウンロード版がたくさん売れた理由の1つがこれでした。どうぶつの森は大変な人気で、発売と同時に売り切れ、その後も、特別なメモリーチップを使っていた為に出荷量に制限があり、品薄が続いていました。そこで多くの人がダウンロード版に流れた経緯があります。

ゲームに限った話ではありませんが、欲しいと思った時にすぐ手に入るというのはとても便利で、楽で、そしてストレスがありません。別にそれまではいつでもいいやと思ったのに、お店に無いと分かった途端、どうしてもすぐ手に入れて遊びたくなってしまう、そんな経験をしたことはありませんでしょうか?

ダウンロード版であれば、売り切れの心配が無いばかりか、欲しいと思ったら今すぐに、たとえ深夜であったとしても手に入れて、ゲームを始めることができます。この手軽さは、1度体験するとちょっと癖になります。

ダウンロード版のいいところは、これだけではありません。