【目次】

北海道最北のパワートライアングルゾーンって?

「火の島」利尻島
 1.利尻のパワースポット・姫沼
 2.利尻のパワースポット・利尻山神社
 3.利尻のパワースポット・仙法志御崎公園
 4.利尻のパワースポット・白い恋人の丘  

「水の島」礼文島

 1.礼文のパワースポット・桃岩
 2.礼文のパワースポット・久種湖(くしゅこ)
 3.礼文のパワースポット・スコトン岬

「太極の街」稚内
 1.稚内のパワースポット・宗谷丘陵フットパス
 2.稚内のパワースポット・坂ノ下神社の龍神沼
 3.稚内のパワースポット・北門神社

「北海道最北の温泉」で開運力アップ

「北海道最北のグルメ」で開運力アップ

 

北海道最北のパワートライアングルゾーンって?

北海道のはるか北の洋上に浮かぶ「巨大なピラミッド」利尻島。緩やかに波打つ優しい丘陵が続く礼文島。そしてそれらを統合する稚内。この3つのエリアが作り出す巨大な三角地帯、トライアングルゾーンには、二つのルートからくる風水エネルギーが流れ込んで来ています。
  

羊蹄山と旭岳からエネルギーが流入

その一つは、大雪山・旭岳から噴出した「大地の気」が天塩山地を経て北上してくるルート。そしてもう一つは、羊蹄山のエネルギーが駒ヶ岳-羊蹄山-利尻富士を一直線で結ぶ「レイライン」を通って、ダイレクトに入り込んでくるルート。
  

北のパワートライアングルゾーン

この北の果ての洋上に浮かぶ火の島「利尻島」、水の島「礼文島」、そしてそれらを統括する「稚内」が作る巨大なトライアングルは、風水的に大きなパワーを生み出すエリアを形成しており、そこには様々なタイプのパワースポットがいっぱい!

これから皆さんを、このゾーンにあるパワースポットにご案内します。

(注)
ここで紹介した蝦夷富士三山レイラインは、「札幌でご利益のある神社10選!願いが叶うパワースポット」の虻田神社にて詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

〈戻る〉
 

「火の島」利尻島

 

利尻富士は洋上に浮かぶラミッド

日本海にそびえたつ利尻富士は「洋上に浮かぶピラミッド」そのもの。島の大部分が山となっている利尻島は島全体がパワースポットと言えます。

三角形の形は風水では「火」を表しており、男性の力強さ、元気の象徴である「陽」のエネルギー。「火」のパワーをうまく活用すれば内部からどんどんやる気が起る、願いが叶う、名誉な事に恵まれる、また女性の方にはうれしいビューティー運アップの効果も期待できます。新しい人生や大きな仕事にチャレンジしようとする方、元気な毎日を送りたい方、難関突破を目指す受験生、そしてもっともっと自分の美を追求したい方……ぜひ利尻島に来て「火」のパワーをふんだんにゲットして下さい。

〈戻る〉
 

1.利尻のパワースポット・姫沼

 

姫沼の水面に映る「逆さ富士」

利尻富士からダイレクトに降りてくるエネルギーを沼の「水」がたっぷりと貯めむここ姫沼は島内屈指のパワースポットです。

沼の周囲約1kmには木の板でできた遊歩道が整備されており、原生林を吹き渡る風の音や野鳥達のさえずりを聞きながら水辺をそぞろ歩けば、知らず知らずのうちに利尻のエネルギーが体内に充満していくことでしょう。お天気が良ければ、写真のような沼の水面に映る「逆さ利尻富士」を見る事ができるかも知れませんよ。

住所: 利尻郡利尻富士町鴛泊湾内
問合せ先:0163-82-1114   (利尻富士町観光協会)

〈戻る〉
 

2.利尻のパワースポット・利尻山神社

undefined

利尻神社の本殿

江戸の文政年間(1820年前後)に建立され、道内では由緒ある神社の一つです。利尻山から北のポン山を経由して流れてくるエネルギーを受けており、境内は清々しい「気」で満ちあふれています。三柱ある御祭神の一つが大山祇神(おおやまつみのかみ)で、まさに利尻山を象徴する神様。島を訪れたら、真っ先にご挨拶しておきたい「山の守り神」です。
住所:      利尻郡利尻富士町鴛泊字本町153番地
問合せ先:0163-82-2013  利尻神社社務所

〈戻る〉
 

3.利尻のパワースポット・仙法志御崎公園

 

レイライン上にある仙法志御崎公園

利尻山、羊蹄山、駒ヶ岳を結ぶ直線=蝦夷富士三山レイライン上にあるパワースポットが、ここ仙法志御崎公園です。羊蹄山頂から利尻山頂に通じるストレートなエネルギーが通過する場所であり、山に向かって深呼吸をしていれば背後から遥か南の羊蹄山のパワーが体を突き抜けていくのが感じられます。
 

海水プールを泳ぐゴマアザラシ

この公園にある自然の海水プールにはかわいいゴマあざらしが棲みついています。観光客に人気のゴマちゃん達、彼らはひょっとするとこの不思議なパワーを感じて集まってきたのかも知れませんね。

住所:       利尻郡利尻町仙法志御崎
問合せ先: 0163-84-2345  (利尻町産業振興課)

〈戻る〉
 

4.利尻のパワースポット・白い恋人の丘

  

白い恋人の丘

「白い恋人」といえば北海道のお土産として有名なお菓子。このパッケージモデルに使われている利尻富士が見える沼浦展望台が、2014年よりその名も新たに生まれ変わりました。

利尻富士から降りてくる来る「気」のエネルギーが正面のオタトマリ沼に滞留しており、展望台周辺には爽やかなエネルギーに満ちています。「恋人」という名称にちなみ、ここに設置された看板の前でプロポーズすれば町の観光協会から「プロポーズ証明書」が進呈されるという取り組みもスタート。これがきっかけになってたくさんのカップルが誕生するようになれば実際この場所に「恋愛の気」が定着し、島の新しい「恋愛運アップのパワースポット」となってくれることでしょう。
undefinedundefined

プロポーズ証明書の看板

住所:     利尻郡利尻富士町鬼脇浦沼
問合せ先:  0163-82-1114   (利尻富士町観光協会)

〈戻る〉
 

「水の島」 礼文島

 

利尻から見た夕暮れの礼文島

緩やかな丘陵がどこまでも続き、初夏には珍しい高山植物や可憐な花々が咲き乱れる礼文島。別名「花の浮島」とも言われ、多くの女性にとって一度は訪れたい憧れの島でもあります。

波打つ丘陵の形は風水では「水」を表しており、女性の優しさ、優美さの象徴である「陰」のエネルギー。「水」の力は、傷ついた心や疲れた体を優しく癒してくれます。また人と人を結びつけてくれたり、新しい命や物事を生み出し、創造する力も備えています。仕事や都会の生活に疲れた方、新しい出会いや恋人を求める方、友達や家族との気まずい状態を何とかしたいと願う方、そしてこれから母親として新しい命を生み出す方……礼文島の優しい「水」の波動が、きっとあなたの力になってくれることでしょう。

なお、礼文島の花に関しては、「別名・花の浮島!北海道礼文島でフラワートレッキング」 に詳しく記載していますので、合わせてご覧ください。

〈戻る〉
 

1.礼文のパワースポット・桃岩

  

邪を払う巨大な桃岩

なだらかな丘陵に突然出現する巨大な「桃岩」を初めて見る方は、誰しも度肝を抜かれるに違いありません。

古来、桃は不老不死の仙人果であり風水では悪鬼を退け、邪気を払う重要なアイテム。桃太郎の鬼退治を始め、古事記ではイザナギの尊が桃を投げて黄泉の鬼女を追い払い、3月3日のひな祭りには桃を供えて女の子の健やかな成長を祝うなど、昔からの伝承や風習でも桃は大活躍しています。島に上陸したら、真っ先にこの巨大な桃のパワーで「邪気祓い」をしておきたいものですね。
  

丘陵をうねるように続く桃岩展望台遊歩道

住所:        礼文郡礼文町香深元地
問合せ先: 0163-86-1001  (礼文町観光協会)

〈戻る〉
 

2.礼文のパワースポット・久種湖 (くしゅこ)

  

勾玉形の久種湖

礼文島の南の守りが「桃岩」なら、北の守りは「久種湖」でしょう。この湖、上から見るとオタマジャクシの様な形をしています。これは護符やパワーストーンとして使う「勾玉(まがたま)」の形そのもの。礼文岳から北にゆったりと流れるエネルギーを久種湖の水が受け止める役割も果たしており、ここでは湖畔を散策しながら「水の気」をたっぷりと吸収するとともに「勾玉」のラッキーパワーも土産に持ち帰ることができますよ。

住所:礼文郡礼文町船泊
問合せ先: 0163-86-1001 (礼文町観光協会)

〈戻る〉
 

3.礼文のパワースポット・スコトン岬

  

日本最北限のスコトン岬

日本の最北限・スコトン岬は、礼文岳のエネルギーが日本海に抜けていく所で、まさに「日本海に泳ぎ出す龍」とも言えます。すぐ目の前のトド島に向かい、顔に吹き付ける激しい潮風と一緒にパワフルな「気」を思いっきり吸い込めば全身の細胞がリフレッシュされ、心身ともに若返えることができるでしょう。運が良ければ、トド島の岩場で遊ぶ野生のアザラシの可愛い姿を見ることができるかも知れませんよ。

住所:  礼文郡礼文町船泊スコトン
問合せ先: 0163-86-1001 (礼文町観光協会)

〈戻る〉
 

「太極の街」 稚内

  

稚内公園から市街地をのぞむ

陰と陽を結びつける「統合」の力を発揮するのが「太極(たいきょく)」のエネルギー。稚内は利尻・礼文の交通中継地点というだけでなく、両島の文化、情報を集約するターミナルであり、パワートライアングルの中心、「太極の街」と言えます。

「太極」は陰陽、明暗、寒暖、男女のどちらにも偏ることのないバランスのとれた力であり、あい反する事柄を統合するリーダーシップの象徴でもあります。就職活動や今の仕事に行き詰まった方、ネットワーク作りを志向する方、これからの新しいビジネスチャンスを模索している方、ぜひ稚内の「太極」パワーを取り込み、人生の大きなステップアップを計画してみて下さい。

〈戻る〉
 

1.稚内のパワースポット・宗谷丘陵フットパス

  

白い貝殻を敷き詰めた宗谷フットパス

大雪山・旭岳から北上するエネルギーの終着点、宗谷丘陵を縦断するフットパスの途中には左に利尻、礼文、そして右にサハリンを一望できるビューポイントがあります。ここでは、はるか海の彼方に見える三つの島から来る異なったパワーを吸収でき、フットパスで歩き疲れた体に元気な力がよみがえってきます。
 

宗谷丘陵フットパスにあるビューポイント

広々としたフットパスを歩きながら風水パワーをゲットできる絶好の場所。旅の合間にちょっと時間をとって、宗谷丘陵で「風水トレッキング」にチャレンジしてみませんか?

住所:    稚内市宗谷村宗谷
問合せ先: 0162-24-1216 (稚内観光協会)

〈戻る〉
 

2.稚内のパワースポット・坂ノ下神社の龍神沼

  

鳥居の彼方には、利尻富士の姿が・・・

国道106号線稚内の手前、日本海に面した丘陵の上にたたずむ坂ノ下神社という小さな祠。この脇にある「龍神沼」には、その池の底がはるか対岸に見える利尻・姫沼とつながっているという不思議な言い伝えがあります。物理的にはありえない話ですが、実際にこの場所に立ってみると、鳥居の向こうには利尻が神々しい姿で鎮座しているではありませんか。
  

坂ノ下神社の龍神沼

ひょっとすると利尻のパワースポット・姫沼とある種のエネルギーでつながっている事からこんな伝説が生まれたのではないか? ここはそんなミステリアスな思いが実感できるパワースポットです。

住所:       稚内市西浜4丁目
問合せ先:0162-24-1216  (稚内観光協会)

〈戻る〉
 

3.稚内のパワースポット・北門神社

  

稚内の守護神、北門神社

北方の守りとして天明5年(西暦1785年)に建立されたという、道北では由緒ある神社の一つ、北門神社。宗谷湾の「水」に面しており、その背後はノシャップの丘陵。風水で言う「背山面水(はいざんめんすい)」の吉相にあたる場所に位置しています。何でも初代の宮司さんが霊的インスピレーションを受けてこの地に建立を決めたとか。

ここの御祭神は天照皇大神に加えて、武勇の神・武甕槌神(たけみかずちのかみ)と豊穣をもたらす事代主神(ことしろぬしのかみ)。北門神社では「吉相のエネルギー」とパワフルな御祭神の力で、きっと豊かな財運や大切な者を守る勇気が授かることができるでしょう。

住所:    稚内市中央1丁目1番21号
問合せ先: 0162-22-2944 (北門神社社務所)

〈戻る〉

【関連記事】  

「北海道最北の温泉」で開運力アップ!

  

利尻ふれあい温泉

風水エネルギーは「水」に貯まる性質があります。川べりや湖など良いエネルギーが滞留する場所で時間を過ごすのはもちろんのこと、「風水パワーの貯水槽」 とも言える温泉に浸かって全身からエネルギーを吸収するというのは、非常に効果的な方法と言えましょう。「北のパワートライアングルゾーン」にはパワフル な温泉もたくさんあります。温泉入浴を楽しみ、風水パワーをお土産に持って帰って下さい。

【日帰り入浴ができる施設】
利尻富士温泉 
住所:利尻富士町鴛泊字栄町227-7
電話:0163-82-2388
利尻ふれあい温泉 
住所:利尻町沓形富士見町90
電話:0163-84-2001
礼文島温泉 うすゆきの湯  
住所:礼文町大字香深村字ベッシュ961-1
電話:0163-86-2345
稚内温泉 童夢 
住所:稚内市富士見4丁目1487
電話:0162-28-1160
稚内天然温泉 港のゆ 
住所:北海道稚内市港1丁目6番28号 稚内副港市場2階
電話:0162-22-1100

〈戻る〉
 

「北海道最北のグルメ」で開運力アップ

  

利尻・礼文の名物、ウニ丼

その土地で採れた農産物や新鮮な肉、魚介類には、「場所のエネルギー」がふんだんに含まれています。パワーの強い場所に旅に出てそこで採れた産品を食べ るという事は、ダイレクトにそこの「氣」を体内に取り込む最良の方法なのです。

本稿でご紹介した利尻・礼文・稚内のパワートライアングルゾーン は、風水エネルギーたっぷりの海産物の宝庫。色がつやつや「獲れたてのウニ」、風水ではビューティー運や名誉運をアップする「火」のエネルギーの象徴です。
g2

ほっけのチャンチャン焼き

また癒しと和合に効果がある「水」のエネルギーの象徴・ホッケは、煮て良し、焼いても良し。味噌をからめたネギと一緒に鉄板で焼いて食べる、北海道スタイルの「チャンチャン焼き」もぜひトライしていただきたいものです。

壮大な風景に感動し、良い温泉で思いっきりリラックス、さらに新鮮な北のグルメで舌を満足させる。たったこれだけで運気は知らず知らずのうちにアップできるお手軽開運法「風水トラベル」…。東京から1時間50分、札幌からならたった55分のフライトで訪問できる北のパワートライアングルゾーン、さてさて、ここへの旅が高いか安いかを判断するのは、あなた次第ですよ。

【関連記事】
超絶美味!利尻&礼文のウニを食いつくす

〈戻る〉
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。