減築とは増築の反対、家を小さくするリフォームのこと。最近注目されているのが、減築リフォームをして終の棲家を作るというスタイルです。わざわざ家を小さくするメリットは何なのでしょう。今回は減築リフォームのメリットをご紹介します。

なぜ減築リフォームをするの?

減築とは家を小さくすること。なぜわざわざ広い家を小さくするリフォームをする人がいるのでしょう。まずは実際に減築をした人に、その理由を聞いてみました。Aさんは、年を取って我が家を終の棲家にするための減築リフォームを行いました。

【Aさんが減築をした理由】
  • 子どもが巣立って2階が空き部屋ばかりになった。
  • これから年を取るにつれ、家のメンテナンスが大変になってきた。
  • 古い家だったので耐震性を高めたかった。
  • 住み慣れた我が家に住み続けたいと思った。 

減築リフォームとは増築の反対。家を小さくするリフォームのことです。

減築リフォームとは増築の反対。家を小さくするリフォームのことです。


高齢化に従って、一軒家を維持するのが大変になり、ワンフロアで暮らせるマンションへ引っ越す人もいます。Aさんは住み慣れた我が家を終の棲家にするために、老後に暮らしやすい家にするための減築リフォームを行いました。おかげでコンパクトで暮らしやすく、階段の上り下りも要らない、地震に強い家にすることができました。

減築リフォームと言っても、様々な形があります。今回、Aさんが行なったのは2階建てを平屋にする減築リフォームですが、他にも大きな建築面積の家を小さくする減築リフォームもあります。

減築リフォームのメリットとは?

減築リフォームにはメリットが多い。平屋ならバリアフリーにしやすいというメリットも。

減築リフォームにはメリットが多い。平屋ならバリアフリーにしやすいというメリットも。

家が小さくなれば当然維持費も安くなります。以下に減築リフォームで考えられるメリットを上げておきますので、参考にしてみて下さい。

  • 面積が狭くなれば、生活動線が短くなり暮らしやすくなる。
  • 掃除や風通しなど管理がしやすくなる。
  • 平屋ならバリアフリーにしやすく、老後に暮らしやすくなる。
  • 家の維持メンテナンス費用が安くなる。
  • 隅々まで目が届きやすいので防犯性能が高まる。
  • 家の耐震性能が上がる。
  • 隣家と距離を取りやすくなるので、明るく風通しよくできる。
  • 住み慣れた我が家に住み続けることができる。
  • 固定資産税が安くなる。 

家を小さくするというと何だかもったいないような気がしますが、多人数用の住まいに少人数で住み続ければ、それだけ負担が大きくなります。今後は、老後をより快適に暮らすために、住み慣れた我が家を減築リフォームで終の棲家にするというケースも増えてくることでしょう。

老後を豊かに暮らすための家作り、成熟した完成形を目指す 「終の棲家」 を作るためのリフォームのポイントは下記でご紹介していますので、あわせてご覧下さい。
■人生を楽しむ! 終の棲家を作るリフォーム

またいざという時に困らないバリアフリーリフォームの大事なポイント、DIYでもできる簡単リフォーム、ついでのバリアフリーリフォームは下記でご紹介しています。
■バリアフリーリフォームの意外な必要・不必要

 

【関連記事】
■気付いてる?水まわりバリア解消リフォーム
■トイレが肝心! 老後が楽になるリフォーム
■室内ドアを引き戸にリフォームしよう
■セカンドライフに必要な3つのリフォーム


Copyright(c)2013 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。