成長途中ではなく成熟した完成形を目指すリフォーム


老後の住まいは成長途中の家とは違う、終の棲家を作る家作りということをシッカリ意識したリフォームが必要。
家は3回建てないと満足する形にならないとよく言います。

これは、家は実際に住んでみてから解ることがたくさんあるということ、そして年代と共に必要な家の形が変わっていくからです。

しかし年を取ってからもリフォームを繰り返したり、マメなメンテナンスが必要な家ではとても大変です。

老後の住まいとは最後までそこで暮らす家であること、つまりリフォームが必要となる成長途中の家ではなく、成熟した完成形としての 「終の棲家」 である必要があるのです。

そのためにも、「終の棲家」 を作るための家作りであるということをシッカリ意識し、ポイントを押さえたリフォームをする必要があります。

そこで今回は老後を豊かに暮らすための家作り、成熟した完成形を目指す 「終の棲家」 を作るためのリフォームのポイントをお届けします。

それでは次のページから、終の棲家を作るためのリフォームのポイント、
その家の大きさは本当に必要ですか?」 です。

>>>  終の棲家を作るためのリフォームのポイント
その家の大きさは本当に必要ですか?
その設備は今すぐ本当に必要ですか?
そのプランで家に何時間居るのですか?

- P1 -