5月2日は婚活の日、5月8日はコンパの日ということで、街コンイベントも多かったようです。そこで、今回は合コンについて書かせていただきます。合コンでの振る舞い方次第で、デートにつながったり、お付き合いが始まったりと進展することもあります。一体、どのような振る舞いが男性のハートを射止めるのでしょうか?

男性が合コン相手に求めるものは気遣いじゃない!?

オシャレな合コン、カクテルで乾杯

男性が合コンに求めるものを御存知ですか?

多いときは週に8回も合コンを楽しむちょいモテ系男性陣が常々言っていることがあります。それは、「合コンではスナックのママではなくローラになれ」ということ。

女性は合コンで「私って気が利くのよアピール」をしてしまいがちですが、実は男性たちが望んでいるのは気を利かせることではありません。

そんなことなど露知らず、「私ってよく気がつくイイオンナでしょ!」とばかりに料理を取り分け、お酌をして、ドリンクがなくなればせっせとオーダー、灰皿がいっぱいになれば変えてもらう、ついでに汚れたテーブルも拭いちゃうという女性……。

気遣いして面倒見の良さを感じさせるのもいいですが、それではまるで「スナックのママ」です(スナックのママを批判しているわけではありません。ママの気遣いはプロのなせる技です。ただ、合コンでそこまでの気遣いは望まれていないのです)。

勘違いしている女性も多いようですが、実は男性が合コン相手に求めるのは気遣いではなく、「タレントのローラのようなその場を楽しむノリの良さと元気の良さ」です。

その場を楽しめる能力こそが、成熟した女性に必要なセンスなのです。単に、軽いノリになるということではありません。

男性は、ただもてなされたいだけなら合コンはしません。おもてなしを受けたいときには、お姉サマのいるお店に行きます。合コンをするのは、女性と一緒に単純に楽しみたいからなのです。

そのために、男性たちはひそかな努力をしています。初対面の人が多い合コンで女性に緊張しないで楽しんでもらえるように、男性たちはさりげないチームプレイで場を盛り上げる打ち合わせをします。一次会、二次会だけでなく、行かないかもしれない三次会までお店を選んでいたりもします。何も考えていないようで、かなり念入りに準備をしているのです。

そうやって女性を楽しませるための準備をして臨んだ合コンで、せかせかとテーブルの上ばかり気にして自然な笑顔を忘れた女性がいたらどうでしょうか。

男性たちの気持ちは「ちがうよ! お酌じゃなくて、そんなことはいいからもっと会話を楽しもうよ」「食べ終わった食器は店の人に任せて、もっと皆で語ろうよ」「気配りは俺がするから、楽しむことに集中して」です。

女性がしてしまいがちなtoo muchな気遣いは、男性が本当に望むものではなかったのです。

それでは、合コンで男性が喜ぶのはどんな振る舞いなのでしょう?
「合コンで求められるローラな振る舞い」を次のページでご紹介します。