ブッフェガイドが感動した高級ブッフェとは!?

ザ・ペニンシュラ東京「ステーキ&グリル Peter」

ドンペリが飲み放題のランチブッフェがあるという、ザ・ペニンシュラ東京の「ステーキ&グリル Peter」。

さて、日本一ブッフェに詳しい東龍さんですが、その東龍さんから見て“いいブッフェ”をあげるとしたらどこですか?

 最近行って感動したのは、ザ・ペニンシュラ東京の「ステーキ&グリル Peter」です。今年3月にリニューアルオープンしたばかりなんですが、豪華なグリル料理に加えて、なんとドンペリが飲み放題のランチブッフェがあるんです。1万4500円と聞くと高いと思われるかもしれませんが、普段同じお店でドンペリをオーダーしたら……と考えると、ものすごいお得感。眺めもいいし、高級感もあるし、本当にステキなブッフェ体験でした。

 ちょっとお高いけど、それは行ってみたい! 私はお酒も好きなので(笑)。

 ペニンシュラのランチブッフェはホテルブッフェの中でも高めの設定ではありますが、一流ホテルのブッフェの平均は、だいたい8000円~9000円。中華ならフカヒレ、フレンチならフォアグラなどの高級食材が食べられたり、“ファーストディッシュ”としてブッフェとは別にシェフ自慢の一品が出てくるなど、“高いけど相応のお得感がある”高級ブッフェは増えています。

 そう聞くと、また昔のようにブッフェが高級なものになってきているようにも思えますね。

 超高級なブッフェと低価格なブッフェの、二極化が進んでいるかもしれません。

ブッフェは食べる前に戦略を立てるべし

佐々木アナウンサー

東龍さんのブッフェへの知識に感心しきりの様子の佐々木アナウンサー (C)テレビ東京

 価格帯によって違いはあると思いますが、いいブッフェの条件ってあるんでしょうか?

 料理、使っている食材、調理法の3つがバラエティに富んでいるブッフェがいいブッフェです。それだけコストと手間がかかっていますから。

 では、そういういいブッフェを満喫するためにはどうすればいいですか?

 まずはお皿に料理を取る前に、全体をぐるりと一周まわって戦略を立てることです。ブッフェは訓練なので(笑)。そして、「あともう一皿食べられそうだな」というところで帰ること。だいたいその一皿が後悔の元なので。「もう少し食べたかったな」と感じるくらいがちょうどいいんです。

 う~ん、難しい! でも、今度ブッフェに行くときは、東龍さんの教えを肝に銘じてブッフェを満喫しようと思います。ありがとうございました!

前編へ戻る

(文:大高志帆 写真:岩田直子)

【関連リンク】
テレビ東京ビジネスオンデマンド
「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」など、テレビ東京系列で放送中の人気ビジネス系6番組を好きなときに見られる新サービス。パソコンやスマートフォン、タブレットに対応しており、日本全国、いつでもどこでも月額500円(税別)で見放題!ビジネスマンはもちろん、就活中の学生諸君も要チェックです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。