子どものころ好きだった絵本を探してみましょう

子どものころ好きだった絵本はありますか? 私は母親になってから、1冊の絵本に再会しました。

『おかあさんだいすき』(岩波子どもの本)。お母さんの誕生日に何をあげたらいいか悩んだ男の子が、出会う動物たちにヒントをもらっていくお話です。何歳ぐらいの頃に読んだのかは定かでないのですが、自分でページをめくって繰り返し読んだ記憶があるので、小学校低学年の頃かもしれません。その頃から約30年たった時に、参加した絵本の講座で再会し、懐かしさに夢中で手に取りました。動物たちのアドバイスにワクワクし、いい贈り物が見つかるのだろうかとドキドキし、最後に会った熊が耳打ちして最高のプレゼントを教えてくれる場面が大好きだった気持ちが、ページをめくるごとによみがえってきました。

皆さんにもきっと、子どもの頃、繰り返し読んでもらうのをせがんだり、自分でページをめくった絵本があると思います。子どもの頃に好きだった絵本、印象に残っている絵本を探してみましょう。子どもの頃と同じ気持ちがよみがえったり、違う視点での発見があるかもしれません。

大人にもおすすめの絵本を味わってみましょう

あえて大人向けに作られたのではなくても、大人の心に深く響く絵本がたくさんあります。とりわけ、子育て中のお母さんやお父さんの気持ちにそっと寄り添ってくれるような絵本は、子育ての悩みや大変さを、味わい深さや喜びに変えてくれます。2冊の絵本をご紹介します。

『だいじょうぶ だいじょうぶ』(講談社)。子どもが生まれると、今まで感じたことがなかったような不安に包まれることがあります。いじめられたりしないか、事故に遭わないか、勉強に意欲を持てるか…。男の子のおじいちゃんが、そんな読み手の親の気持ちに優しく寄り添い、「きっと、だいじょうぶ」という気持ちにさせてくれます。

 『ちいさな あなたへ』(主婦の友社)。お子さんが生まれた時、その体の小ささに心を打たれ、小さな指をそっと触ったことはありませんか? そんな頼りなげな存在は、親の心配をよそに成長し、やがて自分の世界を切り拓いていきます。嬉しいことであり、そして、心配して見守り続けた親の心も大切な宝物。そんな気持ちにエールを送ってくれる1冊です。

 子育てをする中で、絵本の魅力にはまっていく方も多いと思います。親子の楽しい共有体験を増やすツールの1つとして、たくさんの絵本を楽しんでください。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。