産後、夫にイライラ! どうしたらいい?

鳩夫婦

出産前は、こんなに仲良し夫婦だったのに、なぜ……?

仲良し夫婦だったのに、出産後、なんだか2人の関係性がぎくしゃく。会話の頻度が減る、いざ口を開けば文句になってしまう……。配偶者の言動にイラッとしたり、悩んだりすること、ありませんか?

実は、出産後の悩みの中でも多く声が挙がるのが、この夫婦関係。「私の生活はこんなに激変したのに、夫は変わらない。飲み会も頻繁!」「こんなに大変なのに、育児も家事も私一人で?」と苛立つ妻。一方で、「険悪な家庭に帰るのは、気が重いなあ」と夫。「俺は仕事だから」「お前の抱っこじゃないと、どうせ泣きやまないし」「赤ちゃんとずっと家にいられていいよね」などのセリフで、地雷を踏んだ話も少なくありません。

産後の夫婦のすれ違い、どうして起こる?

出産後に夫婦関係が悪化してしまう「産後クライシス(危機)」という言葉が、最近、話題になっています。夫婦にとって、結婚後に訪れる最初で最大の非常事態ともいえる、とても大切な時期が産後です。

昼夜問わずの育児がはじまると、どうしても夫婦の生活サイクルにはズレが生じがち。細切れ睡眠で寝たり起きたりの妻と、帰りが遅い夫。平日はほとんど会話ができない、という声も耳にします。コミュニケーション不足による小さな亀裂も、ちりも積もれば山となる。夫婦仲が冷え切ったり、離婚に発展したりするケースも多いようです。産後の大変な時期に夫婦がまったく意思疎通できず、「里帰り離婚」といった話も……。

「うちは、大丈夫!」と思っても、片方が口に出さずに気持ちを抱え込んでいる場合も多いもの。出産後とはどういう時期かを知り、夫婦関係にとっても重要な局面であることを理解することが大切です。では、その後、いったいどのような関わると、より良い関係性を育んでいくことができるのでしょうか? 次ページでは、産後の夫婦関係を改善するヒントをご紹介します。

>>産後の夫婦関係をより良くするための、ヒントとは?