スマホ公式アプリとして電子マネーが使える

USJの12周年目の開業記念日となる2013年3月31日。世界でも珍しいスマートフォンを使ったパーク専用プリペイド型電子マネーが登場しました。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式アプリのスマートフォン画面

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式アプリのスマートフォン画面

「ワンダー・マネー」はスマートフォンのみを媒体とするサーバ管理型のプリペイド型電子マネーで、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式ガイドアプリ」のメニューの1つとしてダウンロードして利用できます。ゲストは、USJの飲食店や物販店舗において、スマートフォンアプリを起動して「ワンダー・マネー」のバーコード(一次元コード)を表示させ、利用店舗のレジカウンターで専用端末スマートフォンをかざすと入金、支払いが行えます。

これにより、小銭いらずでパークを楽しむことができ、支払いにかかる待ち時間も短縮されるため、パークを楽しむ時間をさらに有効活用できるでしょう。

1000 円単位、10万円までチャージ可能

電子マネーは、1000 円単位、10万円までチャージ可能で、2年間継続して利用できます。発行や年会費は無料なため、アプリをダウンロードしたゲストは誰でも使うことが可能です。

2013年7月末には、一次元コードに加え、NFC(Near Field Communication)FeliCaのスマートフォンに対応したサービスの提供を予定しているそうです。一次元コードの場合、アプリを起動して、バーコードを立ち上げる行為が発生していましたが、スマートフォンをかざすだけでサービスが可能なNFCにより、よりゲストが便利に利用できることは間違いありません。

パークに関わるあらゆる機能をスマホに搭載へ

すでにUSJでは、2012年5月から、iOS、Androidのスマートフォンに対応した公式ガイドアプリを提供しています。これまでは、アトラクションの待ち時間が見られることをはじめとして、パークのマップ、レストランや物販店舗の情報、営業時間などの案内だけでなく、ARカメラ機能を付加して展開していましたが、今回の「ワンダー・マネー」に加え、将来的にはパークの入場券「スタジオ・パス」や人気ライドなどを待たずに乗ることが可能な「ユニバーサル・エクスプレス・パス」など、パークに関わる主要な機能をスマートフォンに搭載していくそうです。

2014年後半には、ハリー・ポッターの世界を体験できる新しいテーマパーク「The Wizarding World of Harry Potter」を米国外で初めてオープンするなど注目を集めるUSJ。スマートフォン一台でパーク内のあらゆるサービスが利用できる世界の実現が楽しみですね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。