あらかじめお金をチャージしておいて、足りなくなったら新たにチャージする

undefined

 

電子マネーが人気になっている理由はその「手軽さ」にあるでしょう。スイカ、エディ、ナナコ、ワオンなど、現在、電子マネーは、10種類ほどが出回っていますが、主要の電子マネー(カード)はどれも非接触タイプ「フェリカ」規格を使い、プリペイド(前払い)方式を採用しています(おおよその特徴は似ています)。

つまり、事前にお金をカードに入金しておいて利用のたびにそのお金が減少していくという形になっています。また、足りなくなったら新たにチャージすれば、繰り返し使えるというものです。

かざすだけで買い物ができる。サイフから現金を取り出す手間がいらない

利用の方法も簡単です。電子マネーを読取機にかざすだけで、手軽に買い物をすることができます。現金ならサイフを開いてお札や硬貨を店員に渡してから、商品を受け取るのですが、電子マネーならこの煩わしさは一切ありません。さらには、お釣りを受け取る必要もないので、これも便利です。

昼食時にできていたコンビニの行列が電子マネーのおかげで消えました

例えば、昼食の時など、コンビニは弁当や飲料を求める人たちで混雑し、多くの店では、レジの前には長い列ができます。しかし、この時に電子マネーを使えば、スムーズに決済ができて、並ぶこともありません。最近は、それがわかってきましたから、多くの人が電子マネーを使うようになったといいます。電子マネーを率先導入している店では、昼でも列ができていません。みなが短時間で買い物を済ませたいと思い始めたのです。

ポイントを集める道具として電子マネーが利用者に認知されています

電子マネーの中にはポイントがよく貯まるものもあって、それも人気の秘密になっています。プリペイド型電子マネーの場合、貯まるポイントには2種類あります。買い物した時に電子マネーの中に直接貯まるものと、クレジットカードでチャージした時につくポイントです。こちらはクレジットカード側にポイントが貯まる仕組みになっています。

従って、電子マネーでポイントといっても2つのパターンがあると覚えておいてください。理想的には2つが合算されればよいのですが、なかなか難しいようです。それでも、電子マネーは身近な利用でポイントが付与されるため、ポイントを集める道具として利用者に認知されるようになっています。