皆さんは、デビットカードや電子マネーをご利用ですか?まだまだクレジットカードほど普及していない感じのデビットカードや電子マネー。しかし、時代は確実に「キャッシュレス」に向かっています。今回のガイド記事では、このデビットカードと電子マネー「Edy(エディ)」を取り上げみたいと思います。

●デビッドカード

デビットカード(「J-Debit」)は、金融機関が発行するキャッシュカードを、ショップやレストランでの支払いに利用できるサービス。要するに、「J-Debit」に参加している金融機関のキャッシュカードであれば、そのままデビットカードとして利用できるわけです。

使い方は極めて簡単。支払時に、キャッシュカードを提示し、端末に暗証番号を入力すれば、利用代金が口座から即時に引き落とされます。引き落としが後日になるクレジットカードと違い、現金利用と同じような感覚で使うことができます。デビットカードの利用には、一切手数料はかかりません。

高額商品購入時に大金を持ち歩かなくても良いという意味で、クレジットカードと同様のメリットがありますね。デビットカードの利用可能金額は、基本的には口座残高範囲内ですが、金融機関によっては1日もしくは1回の利用限度額を設けている場合があります。

また、手持ちの現金が不足した際に、デビットカードは現金感覚で利用できる上に、ATMに出向いて現金を引き出す必要がないため、ATM利用手数料の節約にもなります!


利用可能店等、デビットカードの詳細はこちらから。